Synergy!LEAD

はじめに:システム概要図

Synergy!LEAD は、Salesforce のひとつのアプリケーションです。Salesforce のプラットフォーム上ですべてが動いているようにも見えますが、実際には当社のクラウドサービス(以下「Synergy!クラウド」と呼びます)と Salesforce の2つのクラウドサービスが連携しています。

上図のように、Synergy!クラウドのデータベースと Salesforce のリードオブジェクトはデータベース項目の連携をおこない、その項目のデータを常時同期しています。

Synergy!LEAD で提供している WebフォームはSynergy!クラウド上に存在しています。Webフォームで登録されたデータは「Webフォーム→Synergy!クラウド→API通信→Salesforce」という流れでデータ連携されます。

一方メール配信機能において、Salesforce 上のデータに対してメール配信を行う場合は、「Salesforce→API通信→Synergy!クラウド→メール配信エンジン」という流れとなります。API での通信を間断なく実行することで、Synergy!クラウドと Salesforce を一体化させた形でお客様にサービスをご提供しています。

なおSynergy!クラウドと Salesforce の連携は、Salesforce の特定のユーザを介して行います。

POINT
Synergy!LEAD を利用することで、Salesforce組織の「APIコール数」を消費します。APIコール数が24時間以内に組織で定められている上限を超えた場合、Synergy!LEAD のシステム利用に支障が発生します。ご利用の Salesforce組織の APIコール数の上限は、
[設定] | [監視] | [システムの概要]の「API 使用状況」から確認できます。

POINT
Synergy!LEAD を利用することで、Salesforce組織の「APIコール数」を消費します。APIコール数が24時間以内に組織で定められている上限を超えた場合、Synergy!LEAD のシステム利用に支障が発生します。ご利用の Salesforce組織の APIコール数の上限は、
[ 歯車マーク ] | [ クイック検索 ] に 「システムの概要」と入力・クリックし [ API使用状況 ] から確認できます。
ページのトップへ戻る