シナジーマーケティング株式会社

Menu

PR情報
PRニュース

セールスフォース・ドットコムとシナジーマーケティング、業務・資本提携を締結

 

シナジーマーケティング株式会社
代表取締役 谷井 等
(証券コード:3859 大証ヘラクレス)

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム 本社:東京都港区 代表取締役社長:宇陀栄次 以下、セールスフォース・ドットコム)とシナジーマーケティング株式会社(本社:大阪市北区堂島 代表取締役:谷井等 以下、シナジーマーケティング)は、本日、業務・資本提携に関する契約を締結したことを発表しました。セールスフォース・ドットコムが、シナジーマーケティングに資本参加し、今後、「Force.com」プラットフォームを基盤にする新しいクラウドサービスの開発を支援します。これらの新しいサービスの手始めとなる「Synergy! LEAD on Force.com」(以下、「同サービス」)は、Salesforce CRMと完全に統合されたエンタープライズレベルのマーケティングサービスを提供します。

SFDC_SYM.JPG

10月5日、セールスフォースの主催する『Cloudforce 2010 JAPAN』の基調講演において、資本・業務提携について発表
する、米国セールスフォース・ドットコムCEOのマーク・ベニオフ氏と、シナジーマーケティング株式会社CEOの谷井。

同サービスは、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」とシナジーマーケティングのクラウド型コミュニケーション・プラットフォーム「Synergy!」をシームレスに統合するサービスで、マーケティング活動によるリードの獲得から営業活動による受注などを可視化する環境を提供します。同サービスを利用することで、セールス部門とマーケティング部門の連携がより深められるとともに、リードの発生段階からROI(投資対効果)の評価基準となる情報を手にできます。業界で唯一実証されているクラウドコンピューティング・プラットフォーム「Force.com」を基盤に開発される「Synergy! LEAD on Force.com」は、2011年上半期より日本のユーザ向けにサービスを提供開始する予定です。
この「Synergy! LEAD on Force.com」を最初のステップとして、両社は今後さらにパートナーシップを強化していきます。

会社概要

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業です。同社のリアルタイム・マルチテナント・アーキテクチャを基盤にしたプラットフォームとCRMアプリケーション(http://www.salesforce.com/jp/products/)は、顧客とのコミュニケーション手法に革命をもたらしています。

その主な内容は以下の通りです:

・Sales Cloud: SFA(セールスフォースオートメーション)と商談管理

・Service Cloud: カスタマーサービスとサポートソリューション

・Chatter: ソーシャルコラボレーション

・Force.comプラットフォーム: カスタム・アプリケーション開発

・AppExchange: 世界最大規模のエンタープライズ・クラウドコンピューティング・アプリケーションのマーケットプレース

2010年7月31日現在、 同社のサービスは、日本郵政グループ、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、株式会社損害保険ジャパン、日立グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、 小田急電鉄株式会社、株式会社リロケーション・ジャパン(敬称略、順不同)を含む、世界82,400社に利用されています。

シナジーマーケティングについて
シナジーマーケティングは、企業様の顧客情報を戦略的に活用し、収益に結びつけるためのマーケティング(情報活用)戦略をご支援しています。主力製品として1,500を超える企業様に導入頂いている統合顧客管理システム「Synergy!( http://www.crmstyle.com/)」を提供しています。

その主な内容は以下の通りです:

・Synergy!(コミュニケーション・プラットフォーム)の開発及び提供。

・チョイモビ(店舗向けモバイルコミュニケーションツール)の開発及び提供。

・顧客データ業務(データ化/クリーニング/分析/不足項目追加取得)の代行。

・メールマーケティング業務(コンテンツ作成/メール配信等)の代行。

・モバイルマーケティング業務(モバイルサイト作成/更新等)の代行。

・ウェブアンケート業務(項目設計/集計等)の代行。

・キャンペーン業務(事務局運営/受付発送等)の代行。

・ウェブサイト/コミュニティサイト/ECサイトの企画・デザイン・開発。

・ウェブシステム/アプリケーション(ソフトウェア)の企画・開発。

「Private Securities Litigation Reform Act of 1995」(1995年米国民事証券訴訟改革法)に基づく「Safe Harbor Statement」(免責条項): このプレスリリースには、シナジーマーケティングとの協業によってもたらされる様々な新しいクラウドサービスの開発、リリースおよび発表時期、機能、また将来のパートナーシップ関係を含め、セールスフォース・ドットコムについての将来に関する記述が含まれています。 これらの将来に関する記述の達成状況や成否にはリスク、不確定要因、推測が伴います。 このようなリスクや不確定要因が具体化した場合またはいずれかの推測に誤りがあった場合、これらの将来に関する記述で表明した結果または暗に示した結果と実際の結果が異なる場合があります。

ここで言うリスクおよび不確定要因には、以下に伴うリスクが含まれますが、これのみに限られるものではありません。協業サービスにおける予期せぬエラー、中断、遅延。これらサービスに関するセキュリティ条項の不履行。これらサービスをリリースする能力および顧客の支持を獲得する能力。これらサービスの成功裏な顧客の導入および利用。これらサービスに関連する競合。セールスフォース・ドットコムまたはシナジーマーケティングに対する個々の脅威に関わらず、その他のこれらサービスに影響を及ぼす技術および規制の変化。

セールスフォース・ドットコムの業績に影響を与える恐れのあるこれらのリスクおよび他の要因についての詳細はForm 10-K、10-Q、8-Kおよび当社がSEC(米国証券取引委員会)に適宜提出する他の文書に記載されています(2010年7月31日に終了した四半期に関するForm 10-Qおよび2010年1月31日に終了した会計年度に関するForm 10-Kを含む)。 これらの文書は、セールスフォース・ドットコムのWebサイトの投資家向けページ(www.salesforce.com/company/investor/)の[Investor Information]セクションにある[SEC Filings]セクションでご覧いただけます。

セールスフォース・ドットコムにはこれらの将来に関する記述を更新する義務はなく、法に基づき必要な場合を除き更新することはありません。

お問い合わせ先

【 本件に関するお問合せ先 】
報道関係の方のお問い合せ先
共同PR株式会社(セールスフォース・ドットコム広報代理)
第一業務局 児玉、山口、田中
TEL:03-3571-5326 E-mail: sfdcpr@kyodo-pr.co.jp

シナジーマーケティング株式会社
広報販促グループ 横田、原田
TEL:06-4797-2500 E-mail: press@synergy-marketing.co.jp

一般のお客様からのお問合せ先
シナジーマーケティング株式会社
営業部 長谷川、永井
TEL:03-5261-7511 E-mail: sales@synergy-marketing.co.jp

PageTop