シナジーマーケティングは、お客様の大切な情報資産を守るため、情報セキュリティーマネジメントシステムの継続的な運営をしております。シナジーマーケティングの、具体的な取り組みの一部をご紹介します。
情報セキュリティーFAQ

ISMS(情報セキュリティー)基本方針

情報技術が急速に発展する一方で、情報漏えいなどの脅威も拡大しており、情報セキュリティー対策が重要な課題となっています。

このような状況においてシナジーマーケティング株式会社(以下、「シナジーマーケティング」という)は、今後も多くのお客様に高品質なサービスを提供することを目的に「ISMS(情報セキュリティー)基本方針」を定め、シナジーマーケティングが取り扱う情報資産の保護対策の指針とします。

シナジーマーケティングは、この方針を遵守し、A Sense of Valuesに掲げる「ITを中心とした高品質サービスの提供を通じて、幸せな情報社会の実現に貢献する」という企業理念を実現します。

  1. 情報セキュリティー体制の構築

    シナジーマーケティングは、経営陣を中心とした管理体制のもと情報セキュリティーマネジメントシステムを構築し、情報セキュリティーの維持、向上に取り組みます。

  2. 情報資産の適切な管理

    シナジーマーケティングは、保有する情報資産について機密性・完全性・可用性の観点から分類・リスク評価を行い、リスクに応じて適切に管理します。

  3. 情報セキュリティーに関するルールの策定

    シナジーマーケティングは、保有する情報資産を厳正に管理するため、情報セキュリティーに関するルールを定め、全従業員にこれを徹底します。

  4. 法令などの遵守

    シナジーマーケティングは、情報セキュリティーに関する法令およびその他のガイドラインを遵守します。

  5. 教育および訓練

    シナジーマーケティングは、役員および全従業員に対して情報セキュリティーの重要性を認識させ、情報資産が適正に利用されるよう、教育・訓練を実施します。

  6. 継続的な改善

    シナジーマーケティングは、定期的に情報セキュリティーマネジメントシステムを見直し、継続的に改善を行います。

平成29年2月1日
代表取締役社長 田代 正雄

認定

プライバシーマーク