アドレサブル広告とは

アドレサブル広告とはアドレス(個を特定)できる広告のことを意味し、企業が持つ顧客データ(CRMデータ)を元に、よりユーザーを特定して広告を配信する手法を指します。

アドレサブル広告とは

アドレサブル広告の最大の強みは、自社データを基盤とした集客が可能になるということです。
優良顧客の行動特性を抽出し、同じ傾向にあるユーザー層に対して広告を配信することで購入率を高めたり、休眠状態にある顧客に対してキャンペーンの広告を配信して再度購入を促すなど、「いつ」のタイミングで「誰」に対して「何」を「どうやって」届けるのか、過去の傾向や類似の顧客データから導き出すことができます。

また、Yahoo! DMPと連携して自社サイト外の行動データなどを取得することもできます。これにより、既存の顧客とのリレーションはもちろん、新規ユーザーの開拓がより効率的に実施できるようになります。

セミナー情報

2019年度の計画をご検討中の広告代理店様、広告主様へ!
顧客データやWEBサイトのデータをマーケティングに活用する手法を、最新事例とともにお伝えします。

資料ダウンロード

Synergy!ご利用中の方Synergy!の広告連携機能

Synergy!広告連携機能

Synergy!に蓄積したデータを広告配信にも活用できます。機能詳細はこちらからダウンロードください。

資料ダウンロード

広告の出稿担当・広告代理店の方アドレサブル広告に特化した
AD2のサービス資料

ad2

広告主と広告代理店で管理画面が分かれており、広告主がアップした顧客データをもとに、個人情報は見えない状態で運用者が広告出稿リストをプランニング、運用できます。

資料ダウンロード

Addressable Advertising & CRM Producer

金沢 信介

シナジーマーケティング株式会社
東日本事業部副部長 兼 メディアソリューション部

光山 誠一

シナジーマーケティング株式会社
メディアソリューション部 AD2推進グループ

近い将来、より必要とされる「デジタルマーケティングの最適化」。

チャネルもデバイスも、そして個々の価値観もより多様化していくことは間違いありません。個々のニーズに対して、いつどのようにしてメッセージを届けるのか、今まさに真のコミュニケーションのあり方が問われていると思っています。シナジーマーケティングが提供するアドレサブル広告は、Web集客とCRMの垣根を無くし、CRMと広告を統合することでマーケティングROIの向上を目指したソリューションです。

信頼・安心を大前提に、費用対効果に納得していただくことはもちろん、先述のとおり変化する環境における複雑なコミュニケーションを、もっと手軽に、簡単に実施できるようにしていきたいと考えています。複雑だからこそより簡単に、効果の高いマーケティング施策の推進をサポートします。