Synergy!LEAD

配信結果の確認

配信結果をレポートで確認できます。レポートは以下の2つの種類があります。

  • Synergy!LEADの配信レポート
    配信数、クリック数/率、エラー数/率などの数値情報とコンテンツ情報が表示されます。
    メールマーケティングの効果を見るときに利用します。
    また、クリック者、開封者をリンクで確認することができます。
  • Salesforceのレポート機能
    個人ごとの配信結果を表示できます。
    クリックをした対象者や配信エラーとなった対象者などを見るときなどに利用します。
    Salesforceでレポートの作成が別途必要です。

このページでは、「Synergy!LEADの配信レポート」について説明します。
「Salesforceのレポート機能」については、「配信実績レポートを使って配信エラー、クリック結果、開封結果を確認するには?」を参照ください。

配信レポートの表示

レポートを表示する方法を説明します。

「各種スケジュール」セクションの「配信済スケジュール」の件数リンクをクリックします。

次に、「配信済スケジュール一覧」で [ レポート ] をクリックすると、レポートが表示されます。

配信レポートの内容


上記の画面キャプチャをもとに、「基本情報」、「クリックフィードバック」、「未達メール」、「本文」セクションのそれぞれの項目について説明します。

基本情報:

項目 内容
配信開始日時 メール配信処理の開始時刻
最終配信日時 メール配信処理の完了時刻
当社メールサーバよりメールを配信し終えた日時で、相手がメールを受信した日時とは異なります。
メール形式 「テキストメール」、「HTMLメール」または「マルチパート」と表示
配信数 実際にメールを配信した件数
「自動配信」のレポートでは、自動配信開始日時から最終配信終了日時までに配信された合計数です。
クリック数 本文中のクリックフィードバックURLのどれかひとつをクリックした人数
クリック率 「クリック数÷配信数」の値
開封確認 HTML本文の開封チェックの有無
開封確認
キャンペーン
メール開封キャンペーンへのリンク
(メールを開封した方を確認できます。)
※リンクが赤色の場合、キャンペーンが削除されている可能性があります
開封数 HTML本文を開封した人の数(ユニーク数)
開封率 「開封数÷配信数」の値

クリックフィードバック:

項目 内容
キャンペーン メールクリックキャンペーンへのリンク
(対象のURLをクリックした方を確認できます。)
※リンクが赤色の場合、キャンペーンが削除されている可能性があります
純クリック数 そのクリックフィードバックURLをクリックした人数(ユニーク数)
たとえば、ある人が同じURLを2回クリックしても、「1」とカウントされます。
のべクリック数 そのクリックフィードバックURLがクリックされた回数
たとえば、ある人が同じURLを2回クリックした場合、「2」とカウントされます。
純クリック率 「純クリック数÷配信数」の値
POINT
クリックフィードバックや開封確認のデータは、レポートに反映されるまで約2時間かかります。

未達メール:

エラー種別ごとにエラー件数が表示されます。エラー種別と内容は以下のとおりです。率は、全エラー件数を母数に計算しています。

エラー種別 内容
メールアドレス
書式エラー
たとえば@(アットマーク)がないなど、メールアドレスとして成立しない書式の場合のエラー
宛先不明 宛先自体が存在しない(アドレスが間違っているなど)場合のエラー
受信拒否 相手側のサーバがブロックしている場合のエラー
ドメインが見つからない ドメイン部分(@以降)が間違っている場合のエラー
SPAMとみなされた 受信側のサーバがSPAMと判断した場合のエラー(PCの場合)
メールボックスが一杯 相手側のメールボックスが一杯で届けられなかった場合のエラー
その他エラー 上記6種類のエラーのいずれにもあてはまらないエラー

※エラー内容は送信先のサーバから返される情報に基づくため、実際の受信状況と異なる場合がございます。

メールコンテンツ:

件名、差出人アドレス、差出人名、設定本文が表示されます。クリックフィードバックを設定したURL(本文HTMLではリンク文字)は赤色で表示されます。

絞込条件:

配信時に設定した絞込条件が表示されます。

POINT
リード、取引先責任者のオブジェクトの詳細画面で配信実績を表示できます。具体的な方法は、「関連リストに配信実績オブジェクトを表示するには?」をご参照ください。
ページのトップへ戻る