特長 顧客管理

顧客管理とは?

「複数人の更新により、散在する顧客データ」から「担当者保有の散在する顧客データを一元化」へ顧客管理という言葉はCRM(Customer Relationship Managemant)をあらわす日本語として定義されています。その意味は単に「お客様の情報や履歴を格納すること」のみならず、「お客様の情報を管理し、分析し、お客様と長期的な関係を維持すること」です。

そこにはあらゆる顧客データをセグメントしニーズや傾向を分析、それをもって顧客属性にマッチしたコミュニケーションをとることで顧客満足度を高め、継続的な利用や更なる購買を促し、最終的に長期的な売上の向上を目指すという『行動』が待っています。

顧客管理はExcelで、という企業もまだまだ多いと思います。しかし、Excelで顧客管理を行なっている企業は、Excelに入っているデータをもとに、なんらかの『行動』を起こしているでしょうか?紙の情報をデータ化しただけでは、顧客管理をしている、とはいえないのです。

いわゆるCRMをするにあたって、まずは顧客管理、データを活用するための管理を始めなければいけません。

Synergy!360で始める顧客管理

顧客情報の一元化、共有化が重要になった近年では、購入・利用履歴だけでなく、サイトにどのくらいアクセスがあったか解析する等、顧客の行動を収集することが普及しつつあります。
大量の顧客データを扱うことでの「一元化」や「セキュリティ」面で「ExcelやAccessでの管理が難しくなった」という声も少なくありません。
そこで、そういった課題をクリアする方法のひとつとして、クラウドサービスのSynergy!360をご紹介します。
Synergy!360は、データベースの機能のみならず、アンケート・フォーム、メール配信、キャンペーンマネジメント、各種効果測定などの「顧客データの活用に必要な機能」が、すべてオールインワン。Synergy!360は、顧客管理に必要なすべてが揃っています。

どこでも、何人でも共有・管理できるデータベース

  • 共有管理することはもちろん、複数人が同時に更新を行える「同時利用」ができます。
  • インターネットを介して利用できる「クラウド型データベース」なので、ネット環境が利用できれば、どこでも利用可能。
  • 万全のセキュリティで、複数拠点でひとつの顧客データベースを管理することができます。

だれでも、簡単に利用できる操作画面

使いやすさに徹底的にこだわった操作画面を設定しています。

  • 顧客データの検索や編集、絞り込みや新規登録などの管理作業が、だれでも効率よく実施できます。
  • 顧客情報と行動履歴を紐付けた検索もできるため、知りたい情報が簡単に探せます。

設計から管理まで 即活用できるデータベース

初めての方も簡単に設計できる、11種類のデータベーステンプレートをご用意。

面倒なインポート作業も、設定内容の保存ができます。

お問い合わせや資料請求、アンケートなどに活用できる Webフォーム機能も、ドラッグ&ドロップで 簡単に設計できます。