ユーザビリティーとは、「使いやすさ」のことを指す。ソフトウェアやWebサイトにおいては、操作の手軽さや、機能の豊富さなど、様々な指標をもってユーザビリティーが評価される。使っていてストレスや戸惑いを感じないWebサイトなど、ユーザーにとっての利便性、簡易性、明瞭性を高く満たすことができるものは、ユーザビリティーが高いといえる。
ソフトウェア、Webサイトの成功のためには重要な指標となるが、定義が「使いやすさ」と曖昧なため、数値化することが難しい。Webサイトの場合、一般的にはアクセス解析などでユーザビリティーを定量的に分析することは可能である。しかし一方で、デザイン面など定性的な分析の妨げになってしまう危険性もあるため、ユーザビリティーを向上させるためには定性的・定量的にバランスのとれた分析をおこない、課題を抽出していく必要がある。

国際規格のISO 9241-11では、ユーザビリティーを「特定の利用状況において、特定の利用者によってある製品が指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」と定義している。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード