APIとは、Application Program Interface (アプリケーション プログラム インターフェース)の略で、外部のソフトウェア等が提供しているアプリケーションを簡単に利用できるインターフェースのこと。独自にアプリケーションを開発する必要がなく、特定の機能をもつプログラム部品を組み合わせるなどして、様々なアプリケーションの開発を効率的に行うことができる。
APIは、広義ではAPIを実装した関数やコマンド群を含むこともある。
当初、APIは1台のコンピューター上で、OSやアプリケーションソフトが提供する機能を利用するために考えられたものであったが、オンラインサービスや、ウェブアプリケーションが発達するに伴って、異なるネットサービスの間で機能を共有することにまで概念が拡大した。これらを「WebAPI」とも呼ぶ。
Web APIは、身近なところでは検索エンジン、地図情報サービス、ウェブサイトの商品情報やデータベースを外部からアクセスして利用できるよう公開されたAPIなどがある。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード