クラスターとは葡萄の房を意味しており、集団や群れ・集落に例えられることから、ビジネス用語におけるクラスターは「集団」を指している。
多数の項目を設け、共通するデータを抽出していく、統計的分析手法の中の一つである。どのようなことを調べたいのかということから分析を始めることが多く、その結果からどのようなことが結論づけられるのかが重要。
集団の中から類似したものを収集してクラスターを作成。その対象の分類を試みる方法の総称とも言われている。
科学的な分類、しかも客観的な基準に従ったものなので、マーケティングリサーチでは、イメージワードの分類や、例えばあるブランドがどんなポジションで分類されるかなどを確認するために用いられる。
クラスター分析は大きく2つに分類され、一つは階層クラスター分析、もう一つは非階層クラスター分析になっている。
どちらもリサーチにおいて利用されている手法であるが、前者においては計算量が莫大なものになると実行が無理になったり、不安定な結果を生む原因にもなる。そのため、後者の方が多用されていると言える。
マーケティングにおいては、新規顧客の開拓など、色々なケースで利用が見受けられる。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード