ROIとは、Return On Investment(リターン オン インベストメント)の略で、「投資利益率」と訳される。
費用対効果と称され、投資に見合った利益を生んでいるかどうかを判断するための企業の収益性を測る重要な指標。
ROIは利益を投資額で割ることにより算出し、数値が大きければ大きいほど収益性が高い投資であると判断できる。その逆数は「資金回収期間」を表す。
また、会社の資本がうまく活用されているか、ということに対して判断をする際にも活用される。
ROIが注目を集め始めた背景の1つにメディアの変化があり、マーケティングのうえでのコミュニケーションが、前と比べ、複雑化・多様化してきているため、マーケティングの効果といったものが見えなくなってきたことも、ROIが注目されるようになった要因である。

CRMの基本をおさえて成果を出した身近な企業の活用例

CRMの基本をおさえて成果を出す!
事例から学ぶCRMの活用方法

CRMを活用してどう売上を伸ばす?何ができる?本資料ではBtoC、BtoB企業の実例を交えながらCRMツールをどう使えば効果的なのか、活用フローをご紹介します。

資料ダウンロードはこちら

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

マーケティング用語を200以上収録!マーケティング初心者にもわかりやすく解説しています。

用語集をダウンロード
今すぐ始められる!デジタルマーケティングファーストステップ

これから始めたい方や、手探りで取り組み始めている方必見!
今すぐ始められる!デジタルマーケティングファーストステップ

デジタルマーケティングって何?まずは何から始める?その具体的な方法について詳しく解説した資料です。

資料ダウンロードはこちら