SPFとは

SPF(Sender Policy Frameworkの略)とは、メールの送信元IPアドレスを元に、送信者情報のドメインが正規のものであるか検証できるようにする方式の「送信ドメイン認証技術」である。
【メールの送信元IPアドレス】と、差出人アドレスのドメイン(@マーク以降の部分)の【DNS(Domain Name Systemの略)サーバに設定されているIPアドレス情報】を照合し、メールが正当なメールサーバから送信されたものかを判断する。

SPFとDKIMの違いは?

なりすましメールを防止する手法として生み出された仕組みがSPFとDKIMである。DKIMがメールに電子署名を付与することで検証を行うのに対し、SPFはメールの送信元IPアドレスで検証を行う。

Sender IDとSPFの違いは?

エンベロープFrom(Envelope-From:配信エラー発生時の通知先)ドメインで評価する仕組みをSPF、ヘッダーFrom(Header-From:メールアプリで差出人として表示)ドメインで評価する仕組みをSender IDと呼ぶ。いずれもDNS上にSPFとして登録された内容で評価するため、Sender ID/SPFと繋げて記載したり、まとめてSPFと呼ばれる場合もある。
※Sender IDではSPF2.0に対応しているといった相違点もある。

SPFに関するブログ記事