AISASとは、Attention(注意) Interest(興味) Search(調査) Action(行動) Share(共有)の頭文字をとったもので、特にインターネットにおけるユーザーの購買心理プロセスのこと。
インターネットが普及し、eコマースの需要が伸びる現在においては、AIDMAにかわって、AISASが主流になりつつある。
AISASでは、AIDMAとは異なり、商品を購入する際に吟味したり考えたりする「Memory」の機会が少なくなり、代わって「検索」や「調査」といった「Search」の時間が増えている点に特徴がある。さらに、SNSクチコミサイトなどで「Share」して他者と情報を共有することが、重要な消費行動のひとつだとされている。これはまさに、eコマースに見られる特徴的な消費行動のプロセスである。
なお、「AISAS」という略語は、株式会社電通が2005年6月に商標登録し、登録商標として管理されている。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード