バズマーケティングとは、人為的にクチコミを発生させて商品やサービスの特徴や感想などを周りに広めていくマーケティング手法のこと。
もともとはインターネットだけではなく、口頭でのコミュニケーションが発端で、「バズ」という言葉には、人々が群れて噂の話をあちこちでしているという意味が込められている。

例えば、化粧品を売り出したい際に、その消費者層に強い影響力を持つ人(インフルエンサー)をモニターとしてその化粧品を使ってもらい、自身のブログなどで話題とすることで肯定的な情報を発信し、特定のターゲットを含む周囲に広めていく。
インターネットにおけるバズマーケティングでは、インフルエンサーにブログやTwitter、Facebookなどの消費者にとって身近なメディアを通じて宣伝を行うことで、記事を読んでいる人に情報を拡散させ、商品製品・サービスへの認知・興味喚起をさせることができる。

他にクチコミを利用したマーケティング手法にはバイラルマーケティングがある。
両者の違いは、バズマーケティングが人為的に人々の注目を集め話題の総量を増加させることを目的としているのに対し、バイラルマーケティングは人から人へプラスの評価が伝播していくための仕掛け作りという面が強い。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード