CDPとはCustomer Data Platform(カスタマーデータプラットフォーム)の略で、顧客データを実在する個人をキーにして収集・結合するシステムである。

取り扱うデータは、氏名や生年月日などの属性情報、Web上の行動履歴などのオンライン情報だけでなく、実店舗での購買情報や位置情報などのオフラインデータ、IoT対応の製品から得られるデータも含まれる。実在する個人単位で情報を管理するので、パソコンとスマートフォン、オンラインショップと実店舗など、多様化する顧客との接点をシームレスに把握できる。そのため、一人ひとりに適した顧客体験の提供に活用することができる。

ただし、CDPは情報管理に特化しており、CDP自身に「Web接客ツールのようなアウトプットの手段を持たない。そのため、データを活用するためには、顧客データベースや購買システム、メール配信システムなどの多くの他システムと連携する必要があり、次々に新しく発生する多様なデータ項目やフォーマットに柔軟に対応することが不可欠である。
また個人を特定できる情報を扱うため、セキュリティーも非常に重要である。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード