マーケットセグメンテーションとは、市場細分化のこと。
具体的には、顧客の属性や趣味・嗜好で分類し、企業が市場を絞り込むことがそれにあたる。そうすることにより、市場規模、自社の強み、製品特性などを考慮したうえで、自社に最も魅力的なセグメントを標的市場とし選び、効率的なマーケティング活動ができる。

顧客のニーズが複雑化、多様化している現代では、すべての顧客のニーズに応えられる商品を開発・生産することは難しくなっている。
そのため、同質のニーズを保有すると考えられる特定のセグメントを絞り、商品やサービスを提供するターゲットとして限定的に捉えたマーケティングが必要となってきた。
このようなマーケットセグメンテーションは、すべてのユーザーのニーズを考慮し、万人向けの商品やサービスを開発・生産していく「マス・マーケティング」の対義語として扱われる。

マーケットセグメンテーションは、「ターゲット・マーケティング」とも呼ばれている。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード