O2Oとは、オンライン トゥー オフラインの略で、インターネット(オンライン)の情報が実店舗(オフライン)での購買活動に影響を与えたり、オンラインからオフラインへと生活者の行動を促す施策を指す。最近では、もともと用いられていたEコマース分野だけではなく、幅広い分野において「オンラインとオフラインが連携し相互に影響を及ぼす」仕組みや状況を表す言葉として使用されている。

また現在では、スマートフォンソーシャルメディアの普及などにより、「ネットとリアルの融合」が進んでいる。そのためO2Oにとどまらず、オンラインの情報がオフラインの行動につながり、オンラインで共有され、さらに新たなオフラインの行動につながるO2O2Oという動きも加速している。

O2Oの実際の例としては商品を購入する前に価格を調べて店舗を決定するオンラインで配布されたクーポンを店舗で利用する、などが挙げられる。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

マーケティング用語を200以上収録!マーケティング初心者にもわかりやすく解説しています。

用語集をダウンロード
今すぐ始められる!デジタルマーケティングファーストステップ

これから始めたい方や、手探りで取り組み始めている方必見!
今すぐ始められる!デジタルマーケティングファーストステップ

デジタルマーケティングって何?まずは何から始める?その具体的な方法について詳しく解説した資料です。

資料ダウンロードはこちら