プログラマティック・バイイングとは、データに基づいたリアルタイムな広告枠の自動買い付けのこと。
運用型広告とも呼ばれ、DSPやSSPを活用したRTB(Real Time Bidding)がその代表例である。
Rocket Fuel社はプログラマティック・バイイングを
1.広告枠の取引がオークション方式であること
2.広告枠の取引がリアルタイムであること
3.ある顧客に向けて、ある特定の状況下で、ある特定の広告を見せるといったニーズに応えること
と定義している。
従来のように「どこに表示するか」を決めて1つの広告枠を買付け、そこに単一の広告物を投下するという方式ではなく、状況に応じて、その瞬間にコミュニケーションを取りたい消費者が閲覧しているであろう枠を自動的に入札し、指定された広告物を投下する。そのため、従来の広告に比べきめ細やかなコミュニケーションを図ることができ、広告を通じてOne to Oneのコミュニケーションを実現することが可能になるとされる。

CRMのプロが書くマーケティングBLOG