シナジーマーケティング株式会社

Menu

マーケターにオススメ!Chromeエクステンション10選

マーケティングや販売促進に携わっていると、一日のうちブラウザを使って仕事をする時間がかなり多いのではないでしょうか。Webサイトの運用管理、報告書などの資料作成、業界動向や競合企業の情報収集など、インターネットとそれにつながるブラウザなくして成り立たない仕事も少なからずあると思います。

仕事だけでなく人生においてもブラウザを使う時間が増える中、ブラウザの便利な使い方を知っているのと知らないのとで生産性に大きな差が出てきます。そこで、今回のテーマは「Chrome拡張機能(エクステンション)」。マーケターのみなさまの日々の業務を楽にする便利なエクステンションを10個厳選してご紹介します。

チェックバック対応などWeb制作会社とやりとりするときに便利なエクステンション(5個)

1.Pendule

200_kuramoto_02

使われている色の数と種類を確認する、画像に付いているaltテキストを確認する、指定の縦横寸法にウィンドウサイズを変更する、といったことができます。「見やすい、読みやすいページになっているか」「SEOの観点でaltテキストが適切なものになっているか」などを見るときに便利です。Web制作会社からページデザインが上がってきたら、これを使ってチェックしましょう。

2.Page Ruler

200_kuramoto_03

選択した領域のサイズを測ったり、ページ上にルーラーを引けます。「この画像、微妙にズレてない?」と感じたとき、ルーラーを当ててチェックしましょう。ディティールへのこだわりを大切にしたい方におすすめです。

3.ColorPick Eyedropper

200_kuramoto_04

「この画像、会社や製品のブランドカラーと同じ色味になっているのかな?」って思うときありますよね。そんなときは、このエクステンションを使ってカラーコードをチェックしましょう。Webディレクターさんに色変更を依頼するときも、カラーコードでやりとりすると間違いがきっとなくなります。

4.(un)clrd

200_kuramoto_05

ボタンひとつでサイトをグレースケール化するツールです。色が多すぎると、ビジーでわかりにくいページになってしまいます。また、単調で凡庸な色使いだとページの魅力が薄れてしまいます。面白味のないページになっていないか、この「アンカラード」でグレースケール化してみましょう。CTA(Call To Action)が目立っているかをチェックするときにも使えます。

5.Check My Links

200_kuramoto_06

リンク切れチェックツールです。ブログなどで記事を多数書いていると、引用元のサイトがいつの間にかなくなっていた、なんてことも起こりえます。すべて人力で確認するのは至極面倒。かといって、放置したままではサイトやブログをせっかく訪問してくれた人やクローラーに残念に思われます。そんなとき、ボタンひとつで「いま参照しているページ内のリンクが有効か」を検証してくれるのが、この「Check My Links」です。

資料を作成するときに便利なエクステンション(3個)

6.PicMonkey Extension

200_kuramoto_07

ページ内にある画像を加工できるツールです。回転、リサイズ、切り取り、エフェクト、フィルタ、テキスト追加、いろいろできます。PhotoshopやGIMPなど画像処理ソフトがなくても、ある程度のことならブラウザ上でできてしまいます。PowerPointの資料をつくっているとき、宴会用にちょっとしたオモシロ画像をつくりたいときに便利です。

7.Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈

200_kuramoto_08

資料を作成するときにも、ちょっとした画面を共有するときにも、画面キャプチャはよく使います。名前にAwesome(素晴らしい、いけてる)と付いているだけあって、とても便利です。アイコンをクリックすると「見えている部分を切り出す」「画面全体のキャプチャをとる」を選べる画面が出てきます。また、取得したキャプチャの一部を切り取ったり、テキストを追記したり、線を引いたりなど、ちょっとした加工もできます。マニュアルをつくるときにも使えます。オーサム!

8.goo.gl URL Shortener

200_kuramoto_09

長いURLを資料(やメール)に貼り付けるときはこれ!参考になるWebページをチーム内で共有したり、メルマガを書いたり、自社の所在地(アクセスマップ)を教えたりと、URLを案内する機会は多いものです。エクステンションをインストールしていれば、ボタンをクリックするだけで短縮URLが発行されます。ちなみにQRコードの生成も可能です。Awesome!

競合調査するときに便利なエクステンション(2個)

9.SimilarWeb

200_kuramoto_11

競合他社のサイトと比較する際の目安として使えます。サイトの訪問者数ランク、平均閲覧ページ数、平均滞在時間、直帰率、流入元、ユーザーの地域、参照元ページ、ユーザーが検索したキーワード、ユーザーが関心あるカテゴリなど、さまざまなデータを教えてくれます。Google Analyticsでのアクセス解析ではできなかった指標比較ができ、サイトのパフォーマンスを定点観測するときにも役立ちます。SimilarWebの詳細は「【完全版】SimilarWeb(シミラーウェブ)の使い方でも紹介されています。

10.BuiltWith Technology Profiler

200_kuramoto_10

いわば、サイトの構成がまるわかりになるツールです。Webサーバは何を使っているか、どのCMSを使っているのか、どのフレームワークを使っているのかなど、一目瞭然。なかなか優れた競合サイトを見つけたら、どのような技術要素を使っているのか調べて、自社サイト改善の参考にしましょう。

 

以上、エクステンション10選でした。使えそうなものはありましたでしょうか? ちなみに、「Best Chrome Extensions」や「Useful Chrome Extensions」などでグーグル検索すると、国内ではあまり紹介されていない便利なツールが出てきます。「ブラウザを極めて仕事の生産性を高めたい!」という方はいろいろ試していただければと思います。

また、以前に書いた記事「コーディングの知識が無くてもWebサイトのシミュレーションができるChrome Developer Toolsを使ってみた」でも、「Emmet Re:View」「Web Developer」「Code Cola」といったエクステンションを紹介しています。Chrome Developer Toolsもエクステンションに勝ると劣らず便利なツールですので、合わせてご覧いただければと思います。

※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。

PageTop