Synergy!LEAD

ステップ(1):「リード」で項目を作成する

Salesforce の「リード」でカスタム項目を新規作成する方法を説明します。フォームで標準項目しか使わない場合はこのページ内の設定は不要です。

リード項目

[ 設定 ] | [ クイック検索 ]  に「リード」と入力、[ リード ] をクリックし、[ 項目 ] をクリックします。
リード項目 Salesforce Developer Edition

リードカスタム項目 & リレーション

「リードカスタム項目 & リレーション」で [ 新規 ] をクリックします。

リード項目

[ 歯車マーク ] | [ 設定 ] | [ オブジェクトマネージャー ] | [ リード ] をクリックします。

リードカスタム項目 & リレーション

[ 項目とリレーション ] | [ 新規 ] をクリックします。

データ型の選択

作成するカスタム項目のデータ型を指定します。

【「選択リスト」のデータ型を指定した場合】

データ型の選択リード カスタム項目の新規作成 Salesforce Developer Edition

POINT
Synergy!LEAD において、連携対象として設定できるカスタム項目のデータ型には制限があります。詳細は「リードオブジェクトで「Synergy!クラウド」との連携が可能な項目は?」をご参照ください。

詳細を入力

「表示ラベル」「項目名(API参照名)」などを入力します。

POINT
項目名はデフォルトで表示されますが、管理するにあたって任意の文字列に変更されることをおすすめします。また項目を「必須」にすると今後必ずデータの登録が必要となるため、必要な場合にのみ「必須」にすることをおすすめします。

「項目レベルセキュリティ」の設定

「項目レベルセキュリティ」を設定します。セキュリティ要件が特になければそのまま [ 次へ ] をクリックします。

項目レベルセキュリティリード カスタム項目の新規作成 Salesforce Developer Edition

POINT
Salesforce の項目レベルセキュリティの詳細については、以下をご参照ください。

ページレイアウトへの追加

この項目を表示するページレイアウトを設定します。特に要件がなければ、そのまま [ 保存 ] をクリックします。別の新規項目を引き続き作成する場合は [ 保存 & 新規 ] をクリックします。
ページレイアウトリード カスタム項目の新規作成 Salesforce Developer Edition

以上でカスタム項目が新規作成されました。

ページのトップへ戻る