Synergy!LEAD

リードオブジェクトで「Synergy!クラウド」との連携が可能な項目は?

リードオブジェクトの項目において、[セットアップ]タブの「連携項目設定」で連携対象として設定できるものとできないものがあります。

連携対象として設定できる項目

まず、連携対象として設定できる標準項目とカスタム項目(Synergy!LEADによりインストールされるもの)は以下のとおりです。

項目の表示ラベル API参照名 連携状態の変更可否
FirstName 変更可能
敬称 Salutation
役職 Title
町名・番地 ※1 Street
市区郡 ※1 City
都道府県 ※1 State
国 ※1 Country
電話 Phone
携帯電話 MobilePhone
Fax Fax
状況 Status
業種 Industry
評価 Rating
リードソース LeadSource
従業員数 NumberOfEmployees
リード ID Id 変更不可
(固定) ※4
LastName
会社名 Company
メール Email
連係リードID ※2 SynergyLead__CooperationLeadId__c
メール不達レベル ※2 SynergyLead__EmailBouncedLevel__c
リード創出キャンペーン ※2 SynergyLead__LeadGenerationCampaign__c
所有者アドレス ※3 OwnerEmail
所有者名 ※3 OwnerName
  • ※1 リードオブジェクトの「住所」項目です。
  • ※2 API参照名のうち、「SynergyLead__」ではじまる項目はSynergy!LEADによりインストールされるカスタム項目です。
  • ※3 所有者アドレスと所有者名は、Salesforceのユーザオブジェクトから取得しています。
  • ※4 「連携項目設定」の画面で、デフォルトで付いているチェックを外すことができないことを意味します。

連携対象として設定できるカスタム項目のデータ型

リードオブジェクトのカスタム項目のうち、連携対象として設定できるデータ型は以下のとおりです。

  • テキスト
  • 選択リスト ※Synergy!LEADのフォームでは、プルダウン型またはラジオボタン型のいずれかを表示形式として選択できます。
  • 選択リスト(複数選択) ※Synergy!LEADのフォームでは、チェックボックスが並んだ状態で表示されます。
  • チェックボックス ※Synergy!LEADのフォームでは、チェックボックスとして表示されます。「選択リスト(複数選択)」との違いにご注意ください。
  • テキストエリア
  • ロングテキストエリア ※Salesforceの文字数制限を4,000文字以下に設定してください。
  • 数値
  • 電話
  • 日付

以上が、「リードオブジェクトで「Synergy!クラウド」との連携が可能な項目は?」の回答です。

(参考リンク)

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る