Synergy!LEAD

重複ルールを設定している場合のフォーム作成時の注意点

「リード」を対象に、Salesforce の重複ルールの設定の「アクション」で「ブロック」または「アラート」を選択している場合、Synergy!LEAD フォームに重複データを登録すると、フォーム登録は完了しますが、Salesforce には同期(登録)されず、同期エラーが発生します。

これを回避するための方法をご案内します。

POINT
Salesforce Winter'17 リリース以降に新規作成した組織は、デフォルトでリードの重複ルール(Standard Lead Duplicate Rule) の「作成時の操作」で「アラート」が設定されています。このままでは同期エラーが発生しますので、[ 設定 ] | [クイック検索 ] | [ 重複ルール ] | [ Standard Lead Duplicate Rule ] をクリックして以下対応を行ってください。

対応は以下2つの設定があります。ご希望に沿う内容を設定してください。

すべてのリード登録時にアラートを出さない設定

この設定は、Salesforce の管理画面で重複リード登録時にエラーを出さない設定となります。
Salesforce の管理画面ではリード登録時に重複エラーを出したい場合は、「フォームから登録されたデータのみ重複ルールを適用しない設定」をご覧ください。

  1. [ 設定 ] | [ クイック検索 ] に「重複ルール」と入力・選択をします。

  1. ルール名「Standard Lead Duplicate Rule」をクリックします。
  1. 重複ルールの詳細で [ 編集 ] をクリックします。
  1. 「作成時の操作」の「アラート」のチェックを外し、[ 保存 ] します。

 

フォームから登録されたデータのみ重複ルールを適用しない設定

  1. 「リード」に、フォームから登録されたことを記録する項目を作成します。
    フォーム送信時に指定の値を自動入力する。「自動設定項目」に沿っておすすめください。
    なお、項目名、データ型は任意のもので問題ありません。
    【入力例】

    • 項目名:フォーム登録フラグ
    • データ型:チェックボックス
    • 自動設定項目の入力:「True」にチェック
  1. 重複ルールの設定で条件を追加します。
    [ 設定 ] | [ クイック検索 ] に「重複ルール」と入力・選択します。

  1. ビューの「すべての重複ルール」から、該当するルール名をクリックします。

  1. [ 編集 ] をクリックします。
  1. 「条件」で、1.で作成した自動登録項目で指定した値が該当しない条件を設定し、[ 保存 ] をクリックします。
    【入力例】
    自動登録項目のデータ型が「チェックボックス」で True をチェックする場合

    • 項目:1.で作成した項目名(例:フォーム登録フラグ)
    • 演算子:次の文字列と一致しない
    • 値:True


POINT
フォームから登録されたデータは重複登録されるため、必要に応じてリードの重複チェックとマージを実施してください。
重複ルール設定で「レポート」を選択しておくと、Salesforce のカスタムレポートで重複対象を確認することができます。

すべてのリード登録時にアラートを出さない設定

この設定は、Salesforce の管理画面で重複リード登録時にエラーを出さない設定となります。
Salesforce の管理画面ではリード登録時に重複エラーを出したい場合は、「フォームから登録されたデータのみ重複ルールを適用しない設定」をご覧ください。

  1. [ 歯車マーク ] | [ 設定 ] | [ クイック検索 ] に「重複ルール」と入力し、選択をします。

  1. ルール名「Standard Lead Duplicate Rule」をクリックします。
  1. 重複ルールの詳細で [ 編集 ] をクリックします。
  1. 「作成時のアクション」の [ アラート ] のチェックを外し、[ 保存 ] します。

フォームから登録されたデータのみ重複ルールを適用しない設定

  1. 「リード」にフォームから登録されたことを記録する項目を作成します。
    フォーム送信時に指定の値を自動入力する。「自動設定項目」に沿っておすすめください。
    なお、項目名、データ型は任意のもので問題ありません。
    【入力例】

    • 項目名:フォーム登録フラグ
    • データ型:チェックボックス
    • 自動設定項目の入力:「True」にチェック
  1. [ 歯車マーク ] | [ 設定 ] | [ クイック検索 ] に「重複ルール」と入力、選択をします。

  1. 「すべての重複ルール」から、該当するルール名をクリックします。

  1. [ 編集 ] をクリックします。
  1. 「条件」で、1.で作成した自動登録項目で指定した値が該当しない条件を設定し、[ 保存 ] をクリックします。
    【入力例】
    自動登録項目のデータ型が「チェックボックス」で True をチェックする場合

    • 項目:1.で作成した項目名(例:フォーム登録フラグ)
    • 演算子:次の文字列と一致しない
    • 値:True

POINT
フォームから登録されたデータは重複登録されるため、必要に応じてリードの重複チェックとマージを実施してください。
重複ルール設定で「レポート」を選択しておくと、Salesforce のカスタムレポートで重複対象を確認することができます。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る