Synergy!LEAD

「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」に対応するには?

近年、メールの送信元情報を詐称して大量の迷惑メール(なりすましメールやフィッシング詐欺メール)が送信される対策として、携帯主要各社や大手プロバイダーでの「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)の導入が普及してきました。

送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」とは、メールが正当なメールサーバから送信されたものかを判断する認証技術のことで、メールの送信元IPアドレスと、メールの差出人メールアドレスのドメイン名(@マーク以降の部分)のDNSサーバに記載されている IP アドレス情報とを照合し、送信者の真正性を確認します。

メール配信(特に携帯向け)を実施されているお客様には、Synergy!LEADから配信するメール(フォームで設定するサンキューメールも含む)が「なりすましメール」と見なされないよう、「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」の対応をおすすめします。

「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」に対応するには、Synergy!LEADのメール送信サーバのIPアドレス情報を『TXTレコード』として、メールの差出人アドレスのドメインを管理するDNSサーバに追加します。この『TXTレコード』の追加作業を以下のとおりご説明します。システム管理者の方にご依頼いただくなど、設定作業を実施してください。

送信ドメイン認証の対応方法

Synergy!LEADのIPアドレス情報となる以下の『TXTレコード』を、メールの差出人アドレスのドメインを管理するDNSサーバに設定してください。

v=spf1 include:crmstyle.com ~all

レンタルサーバの設定制限等によりドメイン名(crmstyle.com)での記述ができない場合、IPアドレスを設定する形になります。詳細は「Synergy!LEAD サポート」までお問い合わせください。

POINT
SenderIDの設定が完了していることを以下サイトでご確認いただけます。(外部サイト)
SPF Surveyor

Enter domain to survey:の入力枠にドメイン名を入力、「survey The Domain」ボタンを押下します。
SPF record: 欄に設定した内容が表示されていれば、設定は完了しています。

また、技術情報の詳細は以下サイトよりご確認いただけます。(外部サイト)
送信ドメイン認証技術解説 Sender ID:送信者側の設定作業 

Gmailで"crmstyle.com 経由"という表示を消すには?

「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」は、送信者の「なりすまし」から受信者を守り、正当な送信者からのメールが確実に受信者に届くために役立ちます。

他方、Gmailなどのサービスでは、メール本文から解析されたドメインと送信者のドメインが一致しているかチェックし、送信ドメイン以外のメールサービスを利用している場合、差出人情報の横に「●●経由」といった詳細情報が追加表示されます。たとえばSynergy!LEADから配信されたメールには「crmstyle.com 経由」と表示されます。

「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」に対応しても、この詳細情報を非表示にすることはできません。ただし、別のFAQ記事「Synergy!LEADから配信されたメールをGmailで見ると"crmstyle.com 経由"と表示されますが、これを消すにはどうすればいいですか?」で説明している「DKIM作成者署名」を追加することで非表示にできます。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る