Synergy!LEAD

配信エラー対象を自動的に配信停止にすることはできますか?

メール配信(リード)では、メール不達レベルを自動集計し、カウントが「5」以上になると、自動的に配信対象から除外する機能がございます。

メール配信(他オブジェクト)、メール配信(キャンペーン)では、拡張パッケージ「配信エラー更新」をインストールすることにより、自動的に配信エラー対象にフラグを付けることが可能です。(フラグを付ける基準は、メール配信(リード)のメール不達レベルと同様です。
詳細及びインストール方法は、「配信エラー更新」をご覧ください。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る