Synergy!LEAD

フォームのリンク元ページを特定するには?

Synergy!LEAD フォームでは、フォームのURLの後ろにパラメータを追加し、パラメータ値をリードデータとして登録することができます。
例えば同一フォームのURLを掲載したリンク元ページが複数ある場合、ページ毎にパラメータ値を変えることで、どのページから登録があったかを判別することが可能です。

<例>

  • ページAに設定するURL
    https://f.msgs.jp/webapp/form/XXXX?[パラメータ名]=[パラメータ値A]
  • ページBに設定するURL
    https://f.msgs.jp/webapp/form/XXXX?[パラメータ名]=[パラメータ値B]

「パラメータ値A」、「パラメータ値B」がリードデータとして登録されますので、データを基にページA、ページBからの登録であることを判別します。

設定の流れは以下のとおりです。

パラメータ登録項目の作成

リードに新規項目を作成します。(以下リンクに沿って設定してください)

フォーム自動設定項目の設定

・フォーム一覧から該当するフォーム名をクリックします。
・「自動設定項目」のプルダウンから上記1で作成した項目を選び、「追加」をクリックします。

※フォーム公開中の場合、非公開にする必要はありません。

・「URLに付加されたパラメータを利用する」にチェックし、パラメータ名に任意の文字を
入力し、保存します。
<例>
https://f.msgs.jp/webapp/form/xxxxx/?code=CAMPAIGN5
上記の例では、code がパラメータ名となります。

フォームURLの掲載

フォームのURLを掲載するページにパラメータを付加したURLを掲載します。

パラメータは、URLの後ろに ?[パラメータ名]=[パラメータ値] と入力します。
<例>
https://f.msgs.jp/webapp/form/xxxxx/index.do?code=CAMPAIGN5
上記の例では、CAMPAIGN5がデータ項目に登録されます。


設定は以上です。
リード詳細を確認することでお客様フォローの一助としたり、Salesforceレポートを作成することで登録の傾向などを確認することができます。

※フォームに登録されたデータは、ジャーナルメール設定を利用して、特定のアドレスに送信することが可能です。(以下リンクに沿って設定してください)
フォームで登録された内容を特定のアドレスに送信するには?

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る