Synergy!LEAD

ステップ(2)連携設定をおこなう

Salesforceリードオブジェクトの項目と当社「Synergy!クラウド」データベースの項目の連携設定をおこないます。

[セットアップタブ]の「連携項目設定」

[ セットアップ ] タブを開き、[ 連携項目設定 ] をクリックします。

連携項目設定

連携項目設定のポップアップが表示されます。「Synergy!クラウド」とSalesforceリードオブジェクトの間で連携する項目にチェックを付けます。その後、「保存」をクリックすると、データベース項目の連携がスタートします。

データ量やシステム状況によりますが、この連携項目設定が完了するのに数分から数十分かかります。完了後、チェックを付けた項目をSynergy!LEADのフォームで利用できるようになります。

注意点

連携設定済みの項目に対して以下を実施する場合、いくつかの制限や作業が発生します。

項目レベルセキュリティの変更:

Synergy!LEADの「連携ユーザ」がアクセスできないように項目レベルセキュリティの設定を変更すると、当社「Synergy!クラウド」とSalesforceの同期が停止します。

項目の削除、項目名(API参照名)の変更:

データ同期(4):リードオブジェクトの項目の編集・削除による同期停止エラーからの復旧」ページの「カスタム項目を操作する際の注意点」をご参照ください。必要な作業が実施されない場合、当社「Synergy!クラウド」とSalesforceの同期が停止します。

選択リスト型項目の選択リスト値(選択肢)の編集:

選択リスト値を変更した場合のフォームへの影響は?」をご参照ください。

データ型の変更:

Synergy!LEADは項目のデータ型の変更に対応していません。詳細は「データ同期(4):リードオブジェクトの項目の編集・削除による同期停止エラーからの復旧」をご参照ください。

項目の表示ラベル名の変更:

変更したあと、「連携項目設定」のポップアップ画面で連携対象となっている項目を確認し、「保存」をクリックします。

重複ルールの注意点:

重複ルールを設定している場合のフォーム作成時の注意点」をご参照ください。

ページのトップへ戻る