Synergy!LEAD

Synergy!LEADの同期処理でエラーとなったリード情報を修正するには?

Synergy!LEADの同期処理でエラーとなったリード情報を修正する方法を説明します。

Synergy!LEADの「セットアップ」タブ画面をひらき、「リードデータエラー」が1件以上あることを確認します。
「リードデータの同期エラーを確認」ボタンをクリックします。

「リードデータ同期エラー一覧」が表示されます。エラーの発生日時や内容から、修正したいエラーの行にある「編集」リンクをクリックします。

「リード同期エラー詳細」に同期のエラーとなった原因と関連する項目が表示されます。

その下に、同期できなかったリードの情報が表示されています。関連する項目の背景色が赤になっていることを確認します。

エラーの内容を確認した上でデータを修正します。
データを修正するには「データ編集」ボタンをクリックします。

データの修正画面が表示されるので該当の項目の値をエラーにあわせて修正します。

最後に「データ保存」ボタンをクリックします。

 


以上でデータの修正が完了します。
その後、データ同期処理が実行され、リード情報が正しく連携できれば「リードデータ同期エラー一覧」から該当のエラーが消えます。

更に詳しいデータの修正方法については、マニュアル をご確認ください。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る