Synergy!LEAD

データ同期(1):リードデータの同期エラーを確認

個々のリードの同期処理エラーが発生した場合、そのリードは「Synergy!クラウド」とSalesforceの間で同期ができなくなります。同期を再開するには、エラーが発生したデータを管理画面から編集します。このページでは、エラー原因ごとの対応方法を説明します。

[セットアップ]タブをクリックします。
[セットアップ]タブが見当たらない場合は、「+」タブをクリックし、一覧から[セットアップ]をクリックします。

まず、[リードデータの同期エラーを確認]をクリックします。※同期エラーがない場合、このボタンはグレーアウトされています。

同期エラーの一覧が表示されます。

上記画面の要素について説明します。

  • アクション:[編集]をクリックすると、「エラー詳細」画面に遷移します。[削除]をクリックすると、そのエラーログを削除します。※エラーのログデータを削除するもので、「Synergy!クラウド」および「Salesforce」のリード(レコード)を削除するものではありません。
  • 発生日時:リードの同期エラーが発生した日時です。
  • エラー内容:「Synergy! -> Salesforce登録・更新失敗」または「Salesforce -> Synergy!登録・更新失敗」のいずれかが表示されます。
  • リードID:エラーとなった、SalesforceのリードIDです。
  • 連携リードID:エラーとなった、「Synergy!クラウド」のレコードIDです。※「Synergy!クラウド」で自動採番・管理しているIDです。利用上、特に気にしなくてOKです。

[編集]をクリックすると、下記の「リード同期エラー詳細」画面に進みます。

エラー原因ごとに対応方法が異なります。以下の表にもとづいて対応します。

「エラー内容」が「Synergy! -> Salesforce登録・更新失敗」の場合

エラー原因 原因と対応方法
必須項目に値が入っていないため、Salesforceにデータを連携できませんでした。 Salesforceのリードオブジェクトの項目に「必須入力」の制限を設定した可能性があります。連携設定していない項目や登録フォームで設定していない項目を「必須入力」にした場合、「Synergy!クラウド」に登録されたデータをSalesforceに取り込めません。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceの項目の「必須入力」設定をオフにする。
  • 必須入力設定にした項目を連携項目として設定し、「リードエラー詳細画面」で当該項目に値を入力する。
    [データ編集]をクリックし、値を入力します。
    ※Salesforceで必須設定が行われている項目には、必ず連携項目設定をおこないます。また、Synergy!LEADで作成するフォームにその項目を利用する場合には、フォームの設定でも必須設定をおこないます。
「メール」項目の書式がSalesforce側で"不正"とみなされたため、Salesforceにデータ連携できませんでした。 「Synergy!クラウド」に登録されたデータの「メール」項目の値の書式が、Salesforceでは入力不可能な書式となっている可能性があります(例:a@aなど)。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • リードエラー詳細画面でメール項目の値を修正する。
Salesforceで設定した項目の"文字数制限"をオーバーしている値があるため、Salesforceにデータを連携できませんでした。 Salesforceのリードオブジェクトの項目に設定した「文字数」の制限を越えた値が、「Synergy!クラウド」に登録されている可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceの当該項目の「文字数」制限の上限を上げる。
    ※Salesforceで設定する「文字数」制限と、Synergy!LEADで作成するフォームに設定する項目の「文字数」制限はなるべく同じ設定にします。
  • エラー詳細画面で当該項目の値を修正する。
    ※エラー詳細画面は256文字までしか入力ができません。
Salesforceで"値の重複を許可しない"の制限を設定した項目に、重複する値が指定されたため、Salesforceにデータを連携できませんでした。 Salesforceのリードオブジェクトの項目に「ユニーク(値の重複を許可しない)」の制限を設定した項目の値が、既に存在する別のリードレコードと重複している可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceで当該項目の「ユニーク」設定をオフにする。
    ※Synergy!LEADで作成したフォームでは、Salesforceのユニーク制限を検知できません。エラーを発生させないため、Synergy!LEADと連携が行われている項目にはユニーク設定をおこなわないことをおすすめします。

「エラー内容」が「Salesforce -> Synergy!登録・更新失敗」の場合

エラー原因 原因と対応方法
「テキスト」系の項目に指定された値が「Synergy!クラウド」側で"不正"とみなされたため、Synergy!にデータを連携できませんでした。 連携設定している「テキスト」「テキストエリア」「ロングテキストエリア」「電話」項目に入力された値が、「Synergy!クラウド」の文字数制限(4,000文字)を越えているため、データ連携に失敗した可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceで該当項目の文字数を4,000文字以下に編集する。※Salesforceで項目の文字数はなるべく4,000文字以下に設定します。
「メール」項目の書式が「Synergy!クラウド」側で"不正"とみなされたため、データを連携できませんでした。 Salesforceの「メール」項目に入力された値の書式に問題がある可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceで当該リードのメール項目を更新する。
「日付」型項目に指定された値が「Synergy!クラウド」側で"不正"とみなされたため、データを連携できませんでした。 当該項目のデータ型を変更したため、日付以外の値が入力されている可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceで当該項目のデータ型を「日付型」に戻す。
    ※Synergy!LEADはデータ型の変更に対応していません。リードデータの同期エラーを防ぐため、データ型の変更はなるべくおこなわないでください。
「数値」型項目に指定された値が「Synergy!クラウド」側で"不正"とみなされたため、データを連携できませんでした。 当該項目のデータ型を変更したため、数値以外の値が入力されている可能性があります。このエラーを解消するには以下の方法があります。

  • Salesforceで当該項目のデータ型を「数値型」に戻す。
    ※Synergy!LEADはデータ型の変更に対応していません。リードデータの同期エラーを防ぐため、データ型の変更はなるべくおこなわないでください。

なお、上記以外のエラー原因も表示される可能性があります。その場合、Salesforceから返されたメッセージをそのまま表示します。

ページのトップへ戻る