Synergy!LEAD

誰が、いつ、どのページにアクセスしたかを確認するには?

「リード」または「取引先責任者」へのメール配信でクリックフィードバック URL をクリックすると、クリックした「リード」または「取引先責任者」が、トラッキングコード貼り付け先ページへのアクセスした行動履歴を紐づけることができます。

行動履歴(誰が、いつ、どのページにアクセスしたか)を確認するには Salesforce のレポート機能でキャンペーンメンバーに関するレポートを作成します。

レポートタイプを選択する

[ レポート ] | [ 新規レポート ] | [ 新規レポートを作成 ] をクリックします。

レポートタイプは「キャンペーンメンバーが関連するキャンペーン」を選択し、[ 作成 ] をクリックします。

条件と項目を設定する

「条件」を以下のように設定し、データを絞り込みます。
「表示」は「すべての有効なキャンペーン」に変更します。

【設定する条件】

  • キャンペーン名:演算子は「次の文字列と一致する」を選択し、対象のページのタイトルを入力
  • キャンペーン種別:演算子は「次の文字列と一致する」、値に「ページアクセス」と入力、入力枠下に表示された [ ページアクセス ] をクリック

POINT
「キャンペーン名」については、ページヘのアクセスの際にトラッキングコード貼り付け先ページに対応するキャンペーンが自動生成されます。そのキャンペーン名はデフォルトでページのタイトル(HTML の title タグで指定したもの)になりますが、キャンペーン名を変更した場合、その変更後のキャンペーン名を入力します。
POINT
キャンペーン名を条件で指定しなければ複数のページに対するアクセスを見ることができます。

続いて「項目」を設定します。

「項目」は少なくとも以下を設定し、[ レポートを実行 ] をクリックします。

【設定する項目】

  • 流入経路URL:アクセスしたURL
  • 発生日時:アクセスした日時
  • 姓:顧客を識別するために必要です
  • メール:顧客を識別するために必要です

レポートを確認する

誰が、いつ、どのページにアクセスしたかを一覧にしたレポートが表示されます。

レポートタイプを選択する

[ レポート ] | [ 新規 ] をクリックします。レポートタイプは [ キャンペーン ] | [ キャンペーンメンバーが関連するキャンペーン ] を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

条件と項目を設定する

[ 検索条件 ] をクリックし、「検索条件」を以下のように設定し、データを絞り込みます。
「表示」は「すべての有効なキャンペーン」に変更します。

【設定する条件】

  • キャンペーン名:演算子は「次の文字列と一致する」を選択し、対象のページのタイトルを入力
  • キャンペーン種別:演算子は「次の文字列と一致する」、値に「ページアクセス」と入力、入力枠下に表示された [ ページアクセス ] をクリック

POINT
「キャンペーン名」については、ページヘのアクセスの際にトラッキングコード貼り付け先ページに対応するキャンペーンが自動生成されます。そのキャンペーン名はデフォルトでページのタイトル(HTML の title タグで指定したもの)になりますが、キャンペーン名を変更した場合、その変更後のキャンペーン名を入力します。

POINT
キャンペーン名を条件で指定しなければ複数のページに対するアクセスを見ることができます。

続いて「項目」を設定します。
[ アウトライン ] をクリックします。「列」の右横の [ ▼ ] をクリックし「列をすべて削除」をクリックします。

「項目」は少なくとも以下を設定し、[ レポートを実行 ] をクリックします。

【設定する項目】

  • 流入経路URL:アクセスしたURL
  • 発生日時:アクセスした日時
  • 姓:顧客を識別するために必要です
  • メール:顧客を識別するために必要です

レポートを確認する

誰が、いつ、どのページにアクセスしたかを一覧にしたレポートが表示されます。

POINT
同一ページに複数回アクセスがあった場合「発生日時」には最新のアクセス日付が反映されます。「リード」「取引先責任者」以外のオブジェクトではキャンペーン機能を利用しているため、行動履歴(誰が、いつ、どのページにアクセスしたか)を確認できません。
ページアクセスについては、1時間に1度のタイミングでSalesforceに反映されます。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る