Synergy!LEAD

テキスト文章を簡単にHTML化し、開封確認を行うには?

テキストメールは仕組上、開封情報を取得できませんが、テキストメールの文章に簡単な HTMLタグを追加して、HTML本文に設定することで、開封情報を取得することができます。
このページではその方法をご案内します。

作成方法

【テキスト文章サンプル】

{!Lead.LastName}さま

こんにちは。〇〇です。
メールマガジンをお届けします。

Synergy!LEADでは、これからもお役に立つ情報をお届けしてまいります。
お読みいただきありがとうございました。

上記文章に以下のタグを追加します。

●文章の冒頭
<html> ・・・ HTML文章の始まりを示します。
<body> ・・・本文範囲の始まりを示します。
<pre> ・・・ このタグ以降は見た目通りの文章を表示します。

●文章の終わり
</pre>・・・<pre>タグの範囲の終わりを示します。
</body> ・・・<body>タグの範囲の終わりを示します。
</html>・・・HTML文章の終わりを示します。

【タグ追加後例】

<html>
<body>
<pre>
{!Lead.LastName}さま
こんにちは。〇〇です。
メールマガジンをお届けします。Synergy!LEADでは、これからもお役に立つ情報をお届けしてまいります。
お読みいただきありがとうございました。
</pre>
</body>
</html>

この文章をメール配信の本文HTMLに登録すると HTMLメールとして配信することができます。
また、開封確認にチェックを入れることで開封情報が取得できます。

※プレビューリンクをクリックすると、受信イメージがご確認いただけます。

URLを追加する

URLを追加する場合は以下のように記載します。テキストメールと同じようにクリックフィードバックの設定も可能です。

<a href="リンク先URL" target="_blank">こちら</a>

<例>http://www.yahoo.co.jp/ の場合

<a href="http://www.yahoo.co.jp/" target="_blank">こちら</a>
  •  target="_blank"は、クリックしたページを別タブで開くためのコマンドです。不要な場合は削除してください。
  • こちら の部分がメールで表示されます。(以下プレビューを参考にしてください)
  • クリックフィードバック利用時に文字表示部分をURLにすると詐称メールと見なされる場合がありますので、別の文字列にされることをお勧めします。
    × <a href="http://www.yahoo.co.jp/" target="_blank">http://www.yahoo.co.jp/</a>
    〇 <a href="http://www.yahoo.co.jp/" target="_blank">こちら</a>


<プレビューイメージ>

POINT
オプトアウトの埋込コマンドは、以下のように記載してください。

<a href="{@unsubscribe}" target="_blank">こちら</a>

※通常はURLを記載する ” ” 内にオプトアウトの埋込コマンドを記載します。

画像を表示する

HTML を利用することで、テキストメールでは表示できない画像を表示することができます。
画像をあらかじめサーバにアップロードして URL を発行した上、以下のように記述します。

<img src="画像のURL">

<例>画像のURLが https://f.msgs.jp/fcnts/xxxx/leadlogo.png の場合

<img src=”https://f.msgs.jp/fcnts/xxxx/leadlogo.png">

なお、本ページ上部で紹介している<pre>タグの活用は、簡易的にテキストを HTML に置き換える方法です。レイアウトの調整など対応できないことが多いため、ご希望の場合は HTML の記述をご検討ください。
(Synergy!LEAD サポートでは HTML の詳細の記述方法はサポート外となりますのでご了承ください)

POINT
Synergy!LEAD では、画像やファイルをアップロードしてURLを発行することができます。(Sandard Edition、Form Editon ご契約の場合)
アップロード方法はこちらから
POINT

本文テキストと本文HTMLの両欄に記載した場合の受信者の表示内容

本文テキストと本文HTMLの両欄に本文が記載されたメールは「マルチパート」メールと呼ばれます。「マルチパート」メールは、受信者のメーラの設定によりテキスト、HTML のいずれかを表示します。(送信側でコントロールすることはできませんのでご了承ください。)

なお、HTML本文を記載し、テキスト本文は空欄にした場合、メーラの設定によっては空白が表示されることがありますので、HTML本文、テキスト本文の両方に内容を記載することをお勧めします。

開封確認の条件

開封確認はメーラで画像が表示された時にカウントを行います。メーラや設定によっては、メールを開いた際に画像は表示されておらず「画像を表示する」等のリンクが出ている場合があります。この状態では開封とカウントされず、リンクをクリックして画像が表示された際に開封としてカウントされます。

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る