Synergy!LEAD

メール配信(リード)のオプトアウト(配信停止)受付フォームを作成する

メール配信(リード)でオプトアウト(配信停止)を受付するには、Synergy!LEADの「変更フォーム」を利用します。このページでは、その作成方法をご案内します。

POINT

メール配信(他オブジェクト)、メール配信(キャンペーン)のオプトアウトはオプトアウト機能をご利用ください。

オプトアウト項目の作成

1.オプトアウト受付用のリード項目を作成します。作成はこちらに沿っておすすめください。

データ型 (推奨)日付型
日付型にすると、メール配信(キャンペーン)、メール配信(他オブジェクト)のオプトアウト機能で同じデータを利用することができます。
項目の表示ラベル名 (任意文字)例:オプトアウト
項目名 (任意文字)例:optout

2.連携項目設定を行います。

オプトアウト受付フォームの作成

1.「フォームタブ」→「新規作成」
2.フォーム新規作成画面で以下を入力します。

フォーム種類 変更解除フォーム
フォームタイトル (任意文字)例:オプトアウト受付フォーム
コメント 任意入力

3.「保存」→「引き続き詳細を設定する」をクリックします。
4.自動設定項目のプルダウンから「オプトアウト」を選び「追加」します。

5.項目編集ウインドウのデータ欄で回答時の日付にチェックがあることを確認、「保存」します。

6.入力画面の「編集」をクリックします。

7.入力画面のメッセージを任意の文言に編集、「保存」します。
例:「配信停止を行います。「送信」をクリックしてください。」

8.完了画面の「編集」をクリックし、完了画面のメッセージを任意の文言に編集、「保存」します。
例:「配信停止を受付いたしました。」

基本設定は以上で完了です。プレビューでお客様画面を確認します。

9.プレビューURLをクリックします。

10.認証画面が開きます。本番ではメール送信時に自動認証を行うため、この画面はお客様には見えません。Synergy!IDに「0」を入力し「送信」します。

11.入力画面に遷移します。本番ではこの画面がお客様に表示される最初の画面です。入力画面設定で変更した文言が反映されていることを確認、「送信」します。(プレビューではデータは登録されません)

12.完了画面に遷移します。完了画面設定で変更した文言が反映されていることを確認します。

13.プレビューで問題がなければ「公開に設定」をクリック、フォームを公開して、テスト配信で確認を行います。

メール配信(リード)でのオプトアウトフォームの設定

1.メール配信(リード)の配信設定を行います。
2.「本文TEXT」もしくは「本文HTML」の「埋込コマンド一覧」をクリックします。

3.埋込コマンド一覧の「フォーム項目を表示」をクリックします。

4.作成したフォーム名とコマンドが自動的に表示されます。(フォーム名には文字:URL(https)が追加されます。)このコマンドを以下5のように本文に貼り付けることでURLが展開されます。
フォーム名横のコマンド 例:<%%aXX%%>をコピーします。

5.「本文TEXT」もしくは「本文HTML」※のオプトアウトURLを配置したい場所に上記コマンドを貼り付けます。フォームの名称や注意事項などは表示されませんので、任意で記入ください。

※本文HTMLに記載する場合は、リンクタグのURLの位置にコマンドを記載します。
<a href="<%%aXX%%>" target="_blank">こちら</a>

6.テスト用アドレスにメールを送信し、オプトアウトフォームURLをクリックして、オプトアウト項目に登録日が登録されていることを確認します。
*テスト用アドレスは、リードオブジェクトに登録されている必要があります。
*データの反映は5分程度かかります。

*URLは個人認証情報を含むパラメータが追加されます。

7.次回以降のテストのため、オプトアウト日を削除して保存します。

POINT
メール配信(リード)で、オプトアウト対象者を除外するには、配信設定の絞り込み条件に追加します。
例:オプトアウト | この項目に値を持たない

メール配信

フォーム作成

Salesforce

仕様

ページのトップへ戻る