4Cとは、Consumer value(顧客価値) Cost(価格) Convention(利便性) Communication(コミュニケーション)の頭文字をとったもので、顧客の視点を重視したマーケティングの考え方。

ロバート・ローターボーン(Robert F.Lauterborn)が、これからの時代のマーケティング手法として、商品を企業が考え市場に売り込むプロダクトアウトではなく、消費者のニーズから始まるマーケットインの戦略である4Cを提唱した。

Customer Value(顧客価値)で、製品・サービスが顧客にどんな価値があるかを考えることが最初のステップとなり、Cost (価格)では、その価値を得るためにどれくらいの金額になるかを考える。Convenience(利便性)では、顧客がどれだけ容易にその価値を得ることができるかを考え、最後にCommunication(コミュニケーション)では、企業側の意思が顧客に伝わっているか、また顧客の声が企業に届いているかを考えることが必要となる。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード