インサイドセールスとは、直接訪問をせず電話やEメールなどのコミュニケーション手段を用いて、情報提供やアポイントの獲得という営業フローの初動を担う活動やその部門を指す。対して、従来の訪問を中心とした営業活動は「フィールドセールス」と呼ばれる。

日本におけるインサイドセールスは、成約につながる見込み顧客を見つけ、育てることを目的としており、クロージング(成約)までは基本的に行わない。インサイドセールスの活動で獲得したアポイントは訪問営業に渡されるため、訪問を中心とした営業活動を見込みの高い契約・受注活動に注力させることができる。

インサイドセールスの発祥は米国であり、国土の広さから取引先を直接訪問することが難しいために発達した。そのため米国での「インサイドセールス」とは、初動から成約(決済)に至る一連の営業フローを担う場合が常であり、日本のそれとは異なる。
近年、日本でも顧客育成の重要性の高まりや、営業効率の低下から、インサイドセールス部門を置く企業が増えている。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード