マーケットシェアとは、市場占有率のこと。
企業が提供する商品・サービスが、期間、エリア、商品カテゴリなどの一定の市場の範囲内でどれくらいの販売数の割合を占めているかを示す比率(パーセント)のことを指す。

100個の同種商品の中で、特定企業のブランド商品が3割を占めている場合、その企業のマーケットシェアは30%であると言い表すことができる。ユーザーにとって、マーケットシェアが高い企業は、特定商品やサービスを購入・利用する際に、一番に候補として挙げられる企業となる。そのため、企業の収益に直結する指標であり、関心度の高い項目となる。

車や家電、住宅などの場合、購入者はマーケットシェアを企業の信頼の根拠とする場合が多い。そのため、高い商品を扱う企業ほど、マーケットシェアを重要視する傾向がある。マーケットシェアを高めるための方法として、マーケットイン顧客ありきの考え方)とプロダクトアウト(製品ありきの考え方)のバランスを変える、ブランディングを行なう、などがある。

CRMの基本をおさえて成果を出した身近な企業の活用例

CRMの基本をおさえて成果を出す!
事例から学ぶCRMの活用方法

CRMを活用してどう売上を伸ばす?何ができる?本資料ではBtoC、BtoB企業の実例を交えながらCRMツールをどう使えば効果的なのか、活用フローをご紹介します。

資料ダウンロードはこちら

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

マーケティング用語を200以上収録!マーケティング初心者にもわかりやすく解説しています。

用語集をダウンロード