サブスクリプションとは特定の期間内でサービスや製品を利用することに対する契約上の合意のことである。サブスクリプション型のビジネスモデルは定額の月額料金を支払うことにより、サービスや製品を契約の期間利用し続けることができる。
主にはB2BB2C問わず雑誌やeコマースサービス、クラウド製品で使われ始めたが、2016年頃から、アパレルや飲食店などの定額での販売形態が見られなかったサービスでも採用され始めたため、消費者にとってより身近な存在になった。

サブスクリプション型のビジネスモデルではB2B、B2C問わず消費目的を「所有すること」ではなく「利用すること」にシフトさせることで、顧客は常に新しいサービスや製品を料金の範囲内で利用することができる。サービスの質や量に関してはさまざまなプランの月額料金体系を用意し、その差別化を図ることが多い。

サブスクリプション型のビジネスモデルで最も重要視されるのは、いかに顧客に長く利用してもらえるかである。
そのためには、

  • 顧客を飽きさせないための自社のサービスや製品の継続的なブラッシュアップ
  • 顧客に対する有人サポートの提供
  • 顧客の信頼につながるブランド価値の向上

など、より一層顧客視点で物事を考えることが必要である。
カスタマーサクセスに代表される「顧客に製品やサービスを使いこなしてもらうための活動」が注目されているのには、このサブスクリプション型のビジネスモデルの台頭が大きく関係している。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード