電子署名「S/MIME」を付与したメルマガ配信
セキュリティとコミュニケーションを両立

株式会社 常陽銀行

背景と目的

住宅ローン領域を中心にリニューアルした常陽銀行のサイト「今回弊行では、店舗とWebが連携し一貫したコミュニケーションを実現するため、住宅ローン領域を中心に自行サイトをリニューアルしました。

リニューアルに当たっては、住宅ローンをご検討中のお客様に対して、検討状況に応じた情報提供ができるわかりやすいサイト作りを目指しました。サイトのリニューアルと同時に取り組みたいと思ったのが、住宅ローンをご検討中のお客様との、ゆるやかでかつ効果的なコミュニケーション活動です。そこで実現したいと考えた手法が、メールを活用した情報提供でした。

しかし、金融サービスを提供する弊行は『信用が命』。メール配信システムを導入するには、フィッシング詐欺やなりすましメール、そしてメール本文の改ざんなどにしっかり対応できる、セキュリティーの高いシステムが必要でした。特に、(1)『電子署名』『送信ドメイン認証』への対応、(2)個人情報を適切に管理・運用できること、(3)内部での情報漏えいを防止する詳細な権限設定やアクセス管理、この3つは必須項目でした。

そこで、セキュアなシステムを求めて数社で比較検討した結果、弊行の膨大なセキュリティーチェック項目を全てクリアし、かつ電子署名『S/MIME』や送信ドメイン認証『DKIM』にも対応していたのがSynergy!でした。
また、信頼性を担保するのと同じくらい重要だったのが、メール配信システムとしての充実した機能です。その点Synergy!は、インターフェースが見やすく直感で操作ができるので、非常に使いやすいと実感しています。また機能面でも、自由に設計できるデータベース構造やメールの閲覧状況に応じて仕掛け作りができる(ステップメールなど)など、柔軟性が高いのでうまく活用すれば戦略的なプロモーションが実現できるのではと期待しています。その他、シナジーマーケティング社は、単にシステムを提供するだけでなく、導入や運用に関してきめ細かくサポートしていただけるので安心感があり、シナジーマーケティング社の提供するSynergy!を採用することにしました」

今後の展開

「住宅ローンに関する情報提供では、まずオーソドックスな情報配信から開始する予定です。メール配信業務やSynergy!の操作感に慣れ、さまざまな機能が使いこなせるようになれば、お客様の興味やタイミングに合わせて、One to Oneで情報が提供できるように、戦略的なプロモーション設計を試みたいと考えています。

また、これまで紙のDMが中心だった弊行のプロモーション戦略をこの機会に見直し、マルチチャネルによる効果的かつ効率的なプロモーション設計を実現していきたいと考えています。シナジーマーケティング社には、理念である『101点のサービス』で、今後もきめ細やかなサポートやアドバイスをいただけることを期待しております」

※記載されている内容は取材当時のものであり、一部現状とは異なることがありますが、ご了承ください。

営業統括部 統括グループ
丸岡 様

株式会社 常陽銀行

株式会社常陽銀行は、「健全、協創、地域と共に」という経営理念のもと、Webサイトを通しても障壁の少ない円滑なコミュニケーション、高いセキュリティーを誇るメール環境など、地域のお客様に質の高い総合金融サービスを提供しています。

メールマーケティングやWeb広告施策など、CRM活動をトータルにご支援した弊社事例の2015年度版。5事例を掲載。