シナジーマーケティング株式会社

Menu

デスクトップの動作風景を共有できるツール「join.me」を使ってみた

インサイドセールス部門の担当として日々の引き合い対応をする中で、初回のヒアリングのみおこなって営業に連携する場合もあれば、クロージングまでおこなう場合もあります。

ただ、弊社のサービスはお客様の成果向上や業務効率化への寄与が目的であり、そのためには大前提として使い勝手が重要となってきます。
営業であれば、実際にお客様の元に足を運んでデモをおこなわせていただくことが出来ますが、インサイドセールス部門ではその代替としてオンラインデモという形式をとっています。
その際に活用しているのが画面共有ツールです。

無料で提供されているものが複数あるかと思いますが、個人的に一番使い勝手がよくお気に入りなのが「join me」というサービスです。過去利用してみた同じ無料の画面共有ツールの中には、30分や1時間など一定の規定時間を過ぎてしまうと環境が自動的に切断されてしまうサービスもあったのですが、こちらの「join me」ではそのような経験がないこともおすすめの理由として挙げられます。

簡単にこのサービスの概要を説明します。今からご案内する手順は、画面を共有したい側(サービス提供側)がとる手順だと思ってください。

まず「join me」と検索してヒットしたページを開き、この中の「start meeting」というボタンをクリックしてまずはダウンロードをおこないます。

161_kuramoto_02

ダウンロード後、デスクトップにインストールされたアイコンをクリックすると、こんなバナーが出てきます。

161_kuramoto_03

ここで「start」を押すと、下記のような表示に切り替わります。
真ん中のアイコンがこのようなマークになっているときは共有状態です。

161_kuramoto_04

一方、下記のようなマークのときは共有がストップしている状態になります。

161_kuramoto_05

ボタンを押すだけで自由に切り替えられるので、オンラインデモの途中でも臨機応変に、お客様に見せたい画面・見せたいタイミングのときにのみ共有することが可能です。

これらのバナー内に記載されている9桁のID(※この画像の場合は、「join.me/296-486-640」が該当します)をクリックして、「Copy viewer link」で公開用アドレスをコピー、または「Send viewer link by email」を選択して相手に伝えることによって、同じ画面を共有できるようになります。
このとき、共有される相手方は事前にインストール等をおこなっておく必要は無く、共有側からメール等で送られてきたIDをクリックするのみで、join meの共有環境に入ることが出来ます。

共有する側の画面の見え方

161_kuramoto_06

共有される側の画面の見え方

161_kuramoto_07

複数人で閲覧することも可能です。

私は利用したことがないのですが、チャットやファイル送信も可能になっているようで、コミュニケーションに必要なツールが揃っています。

画面の遷移をする際には、どうしても若干のタイムラグは発生してしまうものの、過去にお客様から指摘をいただくほどではなかったので問題無いかと思います。

オンラインデモを積極的に実施するようにして一番良かったなと思うことは、やはり同じ画面をご覧いただきながらデモや説明を進められることによって、認識の相違を無くせることです。画面共有をしながら都度質問を受け付け、すぐに解消することができるからです。

今でも日本のBtoB企業では、「営業活動は営業マンが足を運んでナンボ!」という考え方が拭え切れないかと思います。
「オンラインで営業活動なんて無礼だ!」と叱られるのではないかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、私がオンラインデモを実施する中でお客様からいただく声は、下記のように予想を超えてポジティブなものばかりでした。

「面白いサービスですね!弊社でもぜひ試してみたいです!」
「少しでも早くサービスのイメージを掴みたかったので、助かりました。」
「地方にある企業のため営業さんに足を運んでいただくことも難しく、どう選定していこうかと頭を抱えていた悩みが解決しました。」

もちろん、対面でのコミュニケーションに勝るものはないというのも一つの事実ではあるかと思いますし、提供するサービスや製品によっては、こうしたオンラインデモでの営業活動がどうしても困難なものもたくさんあるかと思います。
しかし、活用できそうだな!と感じられた方がいらっしゃれば、少しでも試しにお使いいただきたいと思います。

※この記事は2014年9月8日公開時点の情報です。掲載情報と最新情報が異なる可能性がありますのでご注意ください。

※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。

PageTop