MQLとはMarketing Qualified Lead(マーケティング・クオリファイド・リード)の略で、直訳すると、「マーケティング担当が資質があると判断した見込み顧客」となる。つまり、マーケティング部門が創出した有望な見込み顧客のことを指す。
B2Bマーケティングにおいてマーケティング部門の役割は案件の創出であり、MQLの数はそのKGIとなることもある。MQLは営業部門へ引き渡され、営業部門が対応することによってSQLへと昇華する。このようにMQLは営業部門からは案件創出の種として扱われることが多いため、質や量のバランスを営業部門と日々調整することが重要となる。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード