デジタルギフトとの自動連携で効率化&見込み顧客獲得

きらら保険サービス株式会社

抱えていたお悩み、状況

  1. 保険に関するお悩みをお持ちの方に対して、「オンライン無料保険相談」を提供しており、お客様のお悩みを解消し、保険商品を上手に活用しリスクヘッジに活かしていただく提案をしていたが、より多くの方にこのサービスを知っていただくための企画を検討していた。
  2. 相談後のアンケートでお客様のニーズや満足度を図るデータを取得し、保険相談の質向上を高めたかった。その中で、過去に利用していたgiftee※の活用を検討していたが、必要な数だけを購入することやお客様への送付スキームを自動化するなど効率的な運営ができないかと感じていた。

※gifteeとは株式会社ギフティが提供するデジタルギフトのことです。gifteeの詳細はこちら

シナジーマーケティングに依頼した決め手

以前からSynergy!を契約いただいており、自社のホームページからのお問い合わせ受付やその対応の管理、自動車保険や火災保険などの見積り依頼にもフォームを活用して情報を受け付けており総じて、見込み顧客の管理をメインにSynergy!を活用されてきました。
この活用を既に行っていた中で、giftee for Businessとの連携もできることを知ったのが検討のきっかけでした。

お客様に好きな商品を選んでもらえるgiftee Boxのプランがある事を知り、これは私たちのお客様に提供したい価値と近しいと思いました。元々利用していたSynergy!の機能にあるgiftee連携をする事で、ギフトを購入して郵送でお送りするなど時間のロスもなく、お客様がアンケート回答後すぐお受け取りいただけるところにメリットを感じて進めました。

龍野 さま

取り組んだこと

Webサイトにてgiftee Boxのプレゼント告知を行いオンライン相談希望者を集め、実際にオンライン商談をした後にお客様へアンケートURLをご案内。
そのアンケート回答者へ自動的にgiftee Boxを利用するためのURLをフォームとメールで通知しました。
アンケートでは、サービスの品質チェックやニーズの掘り起こしを目的とした項目を設け回答内容を今後の活動に活かしています。

▼運用イメージ

フォームの作成自体はシステムも良く簡単にできたのですが、gifteeとの連携に必要なコードの登録や既存のSynergy!の設定による問題が発生し、その部分では営業さんの力をお借りしながら設定を進めました。

龍野 さま

設定期間はとてもスピーディーに進められ、シナジーマーケティングへの相談から設定完了まで2~3週間で準備を進め運用を開始されました。

結果

アンケートを実施いただいたお客様のCS向上やアンケート結果を元に課題改善を繰り返すことで、サービス品質の向上にも繋がっています。その結果、オンライン無料保険相談の希望者が1ヵ月あたり20%ほど増やすことに成功しました。

担当者様のコメント

便利だなあ、というのが率直な印象です。
実は、既契約のお客様データもSynergy!に一部インポートしており、アンケートを送付しニーズの理解・要望の掘り起こし・顧客満足度を上げるための動きも進めております。そこでgiftee Boxも利用させていただいております。
また、最初の初期設定が大変でしたが、一回やってしまえば不自由なく設定を進められています。アンケート回答の情報をどのように社内に共有するかなどいくつか課題が上がってはいますが、Synergy!のジャーナルメールの機能で解決できるのではないかと模索しております。

龍野 さま

この事例での利用サービス

クラウドサービス(Synergy!)

※記載されている内容は取材当時のものであり、一部現状とは異なることがありますが、ご了承ください。

きらら保険サービス株式会社
営業企画部 担当課長代理
龍野 哲平 氏

きらら保険サービス株式会社

NTTグループの総合保険代理店として、2001年7月に設立。設立以来、お客様の「大切なものを守りたい」という願いをカタチにすべく活動している。
NTTグループの様々な業務に携わる方はもとより、そのご家族の方々にあった保険をおすすめすることにより、お客様の生活におけるリスクへの備えをサポートしている。

「Synergy!(シナジー)」伝えたいメッセージを届けるために。CRM/顧客管理をオールインワンで提供する、総合顧客管理(CRM)システム。詳しくはこちら