プロスポーツクラブのCRM

CRMでプロスポーツを面白く。

「ファンと一緒になってクラブを育てていく」
スポーツクラブ事業運営の軸は、CRMそのものだと言えます。

一方、スポーツ業界におけるIT活用はまだまだこれからです。
2020年の東京五輪を目前に控え、IT活用がどんどん進むことで、ファンとクラブの関係は、より深く、より広がっていくことでしょう。

本特集では、弊社が支援するスポーツクラブ様の活動にスポットを当て、事業運営のノウハウの提供や、スポーツビジネスへの新たな取り組みなど、幅広い方向からスポーツ業界全体を盛り上げていきたいと考えています。

“スポーツ×CRM” で実現する成功への3つのフェーズ

クラブの運営を選手、チームの人気や試合結果に依存してしまっていませんか?シナジーマーケティングでは、会員情報を一元管理することでファンのためのクラブ運営を実現し、チームの状況に依存した運営から脱却する仕組み作りを支援します。

“スポーツ×CRM” の取り組み紹介

Sports Marketing & CRM Producer

金 正敏

シナジーマーケティング株式会社
東日本事業部(スポーツマーケティング・CRM担当)

CRMを軸にしたスポーツマーケティングに強い可能性を感じ、シナジーマーケティングに入社。現在、既存のスポーツリーグ・クラブへの支援はもちろん、これまでのノウハウや知見、Yahoo! JAPANグループのアセットなども活用し、新たなリーグ・クラブへもCRM支援事業の展開を図っている。

学生時代はサッカーに打ち込み、現在もスポーツ漬けの毎日。スポーツがもたらす「熱」はこれまで身をもって体感しており、その「熱」をもっと世の中に広めるべく日々スポーツ業界に身を捧げている。

片野 翔大

シナジーマーケティング株式会社
東日本事業部(スポーツマーケティング・CRM担当)

Jリーグ(東京ヴェルディ、京都サンガF.C、ヴィッセル神戸)からプロ野球団(東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズなど)、そのほかプロバスケットリーグまで、日本のさまざまなプロスポーツクラブのCRM支援事業に従事。

また、プロスポーツクラブにおける「ファンの、チームへの愛着やロイヤルティーを育成する」という事業運営の軸はCRMそのものである、との考えにもとづき、スポーツクラブのスポンサープログラムを活用した地域密着型のスポーツビジネスモデル創出にも取り組む。その支援範囲はファンクラブ運営のみにとどまらずスクール事業支援までと幅広い。

自身も幼少からサッカーに汗を流し、現在もフットサルを愛好するスポーツ大好き人間。スポーツ愛が高じ、社内のスポーツ関連案件の第一人者の地位を築く。