シナジーマーケティング株式会社

Menu

ステップメールの様にLINEを活用した「ステップLINE」とは?

企業のマーケティング活動において、LINEを利用した販促活動は有効な施策の1つです。

LINEの一斉配信やセグメント配信を利用している方は多いのではないでしょうか。また、「さらに売上を伸ばしたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

今回は、さらに売上を伸ばしたい方におすすめの施策として、LINE配信の効果を高める「ステップLINE」についてご紹介いたします。一般的なステップメールとの違いや、ステップLINEのメリットや注意点などについてもご説明します。最後までぜひご覧ください。

LINEの活用をお考えの方には下記の資料ダウンロードもおすすめしております。

LINE新料金に対策を!LINE×CRM活用徹底ガイド

LINE配信の効果を高めるステップLINEとは?

ステップLINEとは、ユーザーのタイミングに合わせてあらかじめ用意されているメッセージを自動配信する仕組みのことです。ユーザーに合わせて段階的にメッセージを送るため、ユーザーを見込み顧客の育成や、LTV向上に貢献します。

そんなLINE配信の効果を高めるステップLINEですが、具体的には以下のような特徴があります。

  • LINE公式アカウント追加や商品購入などのアクションを起点にメッセージを自動配信できる
  • 効果的にサービスや商品の理解を促すことができる

それぞれについてご説明していきます。

LINE公式アカウント追加や商品購入などのアクションを起点にメッセージを自動配信できる

ステップLINEの仕組みを利用すれば、シナリオに沿ったメッセージをユーザーに自動配信し、少しずつ商品やサービスに興味を持ってもらえるようにすることができます。また、商品購入後も継続的に購入してもらうために、商品購入のお礼、使い心地の確認、効果的な使用方法などのメッセージを自動的に送り、顧客満足度を向上させることができます。

このようにステップLINEではユーザーのアクションを起点にメッセージを自動配信するため、ユーザーにとって有益な情報を最適なタイミングで届けやすくなるのです。

効果的にサービスや商品の理解を促すことができる

ステップLINEは、効果的にサービスや商品の理解を促すことができるという特徴があります。

例えば、LINE公式アカウントを追加したばかりのユーザーに対しては、自社サービスや商品の情報について少しずつ配信し、理解を深めてもらいます。また、自社サービス・商品を初めて購入した方には、関連情報を配信することで、LTV向上にも貢献します。

ステップLINEとステップメールとの違いとは?

ここまでステップLINEの特徴についてご紹介しましたが、「ステップLINEとステップメールって一緒じゃないの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ステップLINEとステップメールはあらかじめ決められた情報を自動配信するという点に関しては大きな違いはありません。しかし、以下のような3つの観点からステップLINEの方が優れていることが分かります。

  • 開封率・反応率を上げることができる
  • メッセージ前後の反応を簡単に確認でき、メッセージ配信を効率化できる
  • ユーザーとの密な関係を築きやすく、LTVの向上が期待できる

それぞれについてご説明していきます。

開封率・反応率を上げることができる

ステップLINEはステップメールと比較して、開封率・反応率が非常に高い傾向があります。理由としては以下の特徴があります。

  • LINEは日常的に利用されるアプリでありプッシュ通知も来るため、メッセージの確認頻度が高い
  • メールと比較し、容易に画像やスタンプなどのリッチな表現で訴求ができる

開封率・反応率が高いとWebサイトへの誘導率を高めることができます。そのため、商品やサービスに関するお知らせやクーポンなどはステップLINEで配信したほうが高い効果を得られる可能性があります。

メッセージ前後の反応を簡単に確認でき、メッセージ配信を効率化できる

前述のとおり、LINEは反応率が高いため、配信したメッセージの反応の良し悪しを踏まえた改善ができ、効率よく改善を行いやすい特徴があります。

例えば、2通目のメッセージより3通目のメッセージに対して反応を示したとします。このような場合は、ユーザーが3通目のメッセージに対して興味を持っている可能性が高いと考えられます。3通目のメッセージを確認し、関連するオリジナルのメッセージを配信すると効率的な販促活動ができるでしょう。

ユーザーとの密な関係を築きやすく、LTVの向上が期待できる

LINE配信は集めたユーザーに対して繰り返し来店や商品購入を促し、1人あたりのLTVを伸ばすことが目的の1つです。LINE配信経由で商品を購入したユーザーに対して、以下のようなメッセージを送ることで、次回も購入してもらうように促します。

  • 購入していただいた商品にご満足していただけましたでしょうか?
  • 現在使用中の化粧品の残りが少なくなってきていませんか?
  • こちらの商品も一緒に購入してみませんか?

上記のようなメッセージを送ることでユーザーに対するフォローアップや、購入した商品と相性の良い商品をすすめて、アップセル・クロスセルをします。このように積極的にステップLINEを活用することで、LTVの向上が期待できます。

ステップLINEのメリットとは?

ステップLINEのメリットは以下の通りです。

  • メールと比べて即時性が高い
  • メールでアプローチしにくい層の開拓ができる

それぞれについてご説明していきます。

メリット①:即時性が高い

ステップ配信のメリットはユーザーごとに最適なタイミングでメッセージを配信することで、ユーザーの顧客体験(購買・製品使用など)を高めることが可能なことです。

LINEはメールと比較して即時性(リアルタイムで閲覧する可能性)が高いといわれています。即時性が高いほど、意図したタイミングでメッセージ配信を行えるため、ステップ配信とLINE配信の相性は良いと考えられます。

例えば、化粧品トライアルセットの初回購入時からのF2層への引き上げ(2回目の購入)を狙う場合、以下のようなタイミングでLINE配信すると良いでしょう。

  • トライアルセット購入日を起点に、商品が到着する前に期待感を持たせるメッセージを配信する
  • 商品到着日に活用方法についての情報を配信する
  • 商品の利用想定日の3日後に、お客様の声とキャンペーンの案内を配信する

上記のように最適なタイミングでコミュニケーションを行うのであれば、メールよりもLINE配信の方がよりタイムラグがなくメッセージを届けることが可能です。

メリット②:メールでアプローチしにくい層の開拓

エステや大学専門学校など、メールでアプローチをしにくい若年層のユーザーに対してLINEでアプローチを行うことで、メールのみではアプローチしにくい層をカバーすることが可能です。

例えば、若年層のユーザーに対してはステップLINE、その他のユーザーに対してはステップメールを活用するというようにアプローチしたい層に合わせたチャネルでメッセージ配信をすれば効率的に販促活動が行えるでしょう。

また、メールでは反応がなかったユーザーに対して、LINEでメッセージ配信を行うと反応を示す場合があります。

このように、メールでアプローチをしにくいターゲットに対しても、LINEは有効な方法です。メールとLINEを上手く使い分けて販促活動を行っていきましょう。

ステップLINEの3つの注意点

ステップメールとの違いや、ステップLINEのメリットについてご紹介しましたが、ステップLINEにはいくつか注意点があります。

その注意点とは以下の3つです。

  • 通数を送りすぎない
  • ユーザーの状況に応じて配信を除外する
  • LINE公式アカウントだけでは設定ができない

それでは、ステップLINEの3つの注意点についてご説明していきます。

通数を送りすぎない

LINEはメールと比較して、配信ブロックが行いやすいという特徴があります。1度ブロックをされてしまうと、解除してもらうのは非常に困難です。今後の配信機会が失われてしまい、大きな機会損失となるため注意が必要です。

そのため、ユーザーに嫌がられない適度な頻度で配信するようにしましょう。1日何通も送ると、ユーザーは嫌悪感を抱いてしまいます。1日に配信する通数は1通程度で、1週間に2~3回程度までと意識すると良いでしょう。

また、LINEの課金体系は通数課金となっているため、配信数が増えれば、その分コストが圧迫されますので注意しましょう。

ユーザーの状況に応じて配信を除外する

ステップLINEのメリットは自動配信ですが、自動配信が原因で意図しない配信を生む場合があります。

例えば、トライアル購入者が本品をすでに購入しているのにも関わらず、本品値引きキャンペーンなどのメッセージを配信すると、ユーザーに不信感を与えてしまう可能性があります。

そのため、既存の顧客データベースと連携してLINEの配信をコントロールすることが必要です。

LINE公式アカウントだけでは設定ができない

LINE公式アカウントでは、購入日や登録日などの日付を用いた自動のメッセージ配信や属性データを用いたセグメント配信などはできないため、LINEと連携したマーケティングツールの活用が必要となります。

そのため、ステップLINEの実施を考えている方は外部APIの導入を検討しなければなりません。

ステップLINEを配信するためのマーケティングツール

ステップLINEを配信するためには、LINE公式アカウントだけでは設定できないことを先ほど説明いたしました。では、いったいどのようにステップLINEを配信するのでしょうか?

ステップLINEを配信するためには、「LINE Messaging API」を活用して顧客データと連携が可能なマーケティングツールを活用する方法があります。

弊社の提供するマーケティングツール「Synergy!」では顧客データを元にステップLINEやLINEのセグメント配信も可能です。また、メール配信機能も存在するためメール配信とLINE配信の2つを上手く活用したアプローチも可能です。

詳しくは以下をご参照ください。

タイムリーな情報を顧客に合わせてLINEで届ける

まとめ

本記事では、ステップメールの様にLINEを配信する「ステップLINE」のメリット・注意点について紹介いたしました。

まだまだ、導入が少ない手法ですが、今後LINEのマーケティング施策でもベーシックなものになると思われます。「LINEを使った販促活動に力を入れていきたい」という方はぜひステップLINEの活用をご検討ください。

LINEのCRM活用についてはご興味のある方は下記をご参照ください。

LINE新料金に対策を!LINE×CRM活用徹底ガイド

※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。

関連情報

PageTop