マルチチャネルとは、チャネル(集客する媒体、経路)が複数あること。
複数のチャネルを用意することで、顧客との接点が増え認知度の上昇や販売機会の増加が見込める。
例えば実店舗とネットショップを設けることにより、ネットを利用しない顧客と、実店舗に来店できない顧客や主にネットで購買活動をする顧客と接点を持つことができるようになる。

マルチチャネルでは各チャネルは独立しており、それぞれの管理システムは分断されている。つまり顧客情報、在庫情報は連携されていない。
そのため、ネットショップに在庫があるが実店舗にはない状態が発生し販売機会を損失する可能性がある。

顧客目線で考えると、チャネルごとに購入体験が異なるのため一つの同じブランドとして認識されづらく、異なるサービスのように受け取られる傾向がある。

マルチチャネルの管理システムをデータ連携したクロスチャネル、さらに顧客体験(UX)を均一にしたオムニチャネルがある。

マルチチャネルに関するブログ記事