シナジーマーケティング株式会社

Menu

EFOだけでは不十分!最適なコミュニケーションを行うためのWebフォーム活用のポイント

お客様からの資料請求や問合せを受けるチャネルとして、今や欠かせないWebフォーム。フォームはまったく使っていないという企業様の方が珍しいかもしれません。しかし、重視されるWebサイトに比べると、フォームに手を掛けられている企業様が少ないのもまた事実です。

  • 簡素かつ整っておらず、見づらい
  • 入力する項目が多すぎる
  • スマートフォンで入力しずらい(レスポンシブ化されていない)

そんなフォームをよく目にします。

せっかく用意していても、こうしたフォームでは登録中に離脱してしまう人が増え、問い合わせ、ひいては案件や売上を逃すことにも繋がってしまいます。また、フォーム最適化(EFO)は図れているものの、目的と合っていなかったり、入力画面以外に手が掛けられていないフォームも見受けられます。

フォームはWebサイトと同様に、お客様と企業との初めての接点となりえるもの。とある担当者様は「Webサイトが企業の顔だとすると、フォームには企業の本音が表れます。」とおっしゃいます。

では、どんなフォームがいいフォームなのか?どう改善すべきなのか?今回はその疑問にお答えする資料を用意しました。忘れられがちな、フォームの完了画面や登録御礼メールの効果的な使い方もご案内しています。

フォームをリフォームして最適な対応ができれば、会社のイメージアップや問合わせ数アップにつながります。いま一度、貴社のフォームを見直してみませんか?

※記載されている内容は掲載当時のものであり、一部現状とは内容が異なる場合があります。ご了承ください。

関連情報

PageTop