アトリビューションとは、メディアごとのコンバージョンへの貢献度を測ること。
たとえば、広告がクリックされ、自社の商品やサービスが購入された場合やWebサイトでコンバーションがあった場合、その消費者がそれまでにどんな広告を見てきたかなど、購入に至るまでに何がどんな影響を及ぼしたかを調査する。これまで一般的な広告効果評価は、コンバーションに至る直前の最終クリックのみを評価していた。しかし、ネット広告やメルマガ、ブログ記事、SNSなどのソーシャルメディアのコンテンツなど、情報の多量化や多様化に伴い、コンバーションに至る要因は複雑化してきている。そのため消費者がどのように広告に接触したのかを考える必要がある。

ゴール(成果)の部分だけでなくアシスト(要因)を考える事で、よりコンバーションを得やすい流入経路、アクセス経路を見極め、各施策やコンテンツを検討し、広告費用の最適化や新しいプロモーションを考えることができるようになる。アトリビューションを行う上で重要となるのは、成果に対して何がどれだけ貢献したのか、施策別の貢献度を評価する事である。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード