データベースマーケティングとは、顧客の属性情報、アンケート回答、購買履歴などあらゆる情報をデータベース化し、ターゲットセグメンテーションによる嗜好にマッチするサービスを提供する、マーケティング手法のこと。その目的は新規顧客の獲得ではなく、顧客との長期的な関係性の維持にある。

例えば、どの顧客が購入頻度が高く、どの顧客が低いかといったデータが把握できれば、その購入頻度に応じて、販売コストを分配しながら効率の良い販売促進活動を展開することが可能になる。データベース内の情報が多くなるほど、属性のセグメントの精度が高まり、効果的なプロモーションが可能になるため、プロモーションとデータベースへの反映を繰り返し行うことが重要となる。

データベースマーケティングには様々な手法があるが、代表的なものとしてはステップメールの送付がある。例えば、とある化粧品を受注した場合、ユーザーが商品を使い終えるタイミングをデータベースから計算することができる。そのタイミングで同一商品買い替えの期間限定お得情報を、自動的にメルマガで送付する事で、継続率を高める事ができる。

マーケティング用語集のサムネイル画像

PDF版マーケティング用語集

今さら聞けないよく聞く用語から、最近話題の新しい用語までマーケティングに関する用語をまとめた用語集を、PDF化した資料をダウンロードいただけます。

用語集をダウンロード