データ連携

今ある外部システムのデータを使って
CRM施策のプラットフォームを構築

ECシステムの購買情報など既にお使いの外部システムのデータを連携してメール配信などに活用することができます。
費用と時間を要する大がかりなシステム開発の必要なく、お使いいただけます。

データ連携

データの整形が必要ない楽々インポート、柔軟な絞り込みで必要な情報だけをエクスポート

インポート

Excel、もしくはCSVファイルをSynergy!にアップロードし、管理画面上の操作をするだけで、インポートが完了。面倒なファイルの整形は必要ありません。

データをドラッグ&ドロップする画面

Step.1

外部システムから取り出したCSVファイルや、手動で管理しているExcelファイルを、そのままドラッグ&ドロップ

紐付け項目の選択画面

Step.2

インポートしたファイルの項目名と、Synergy!の項目名を選択し紐付ける

Synergy!上に設定されていない項目を新しく作ることもできます

結果表示画面

Step.3

インポートトップ画面に「成功」と表示されれば、インポート完了

エクスポート

Synergy!の管理画面上で項目を選択していくだけで、必要なデータをエクスポート。差分のみのエクスポートや、いつもの設定の保存も可能です。

顧客属性、行動データの絞り込み画面

Step.1

更新日時の期間やメルマガ配信の履歴といった顧客属性・行動データを使って、エクスポートの対象になる顧客を絞り込む

出力項目の選択画面

Step.2

出力が必要な項目を選択

ダウンロード画面

Step.3

エクスポートトップ画面でダウンロードボタンをクリックすれば、エクスポート完了

決まったフローに沿った自動での連携

リアルタイムにデータを受け取る
Synergy!API

Synergy!API

外部システムからSynergy!に格納したデータを任意のタイミングで、データの書き込みなどの操作をする機能です。基本無償でご利用いただけます。

【活用例】

  • 外部システムに登録された顧客情報を管理するためのデータベースとして利用
  • 会員サイトやECサイトの会員情報をもとに、ログイン認証のあるキャンペーン応募フォームを作成

大容量のデータを定期的に自動で相互連携する
自動データ処理

自動データ処理

外部システムにあるデータとSynergy!に格納したデータを事前に決められたタイミングでインポート・エクスポートを相互に自動で行いデータを連携します。有償のオプションサービスです。

【活用例】

  • ECサイトの購入履歴を連携し、購買情報にもとづいたメールを配信
  • ピットタッチで取得したポイントや来店情報を連携し、商品のレコメンドや店舗情報をメール配信

より詳しい情報が必要な方へ

Synergy!のデータ連携機能について

Synergy!のデータ連携機能について

ご利用料金やお申込み方法、詳細な仕様はこちらの資料で確認いただけます。

資料ダウンロード