アプリプッシュ通知

開封率のいいアプリプッシュ通知だからこそ、クロスチャネル・マーケティングが重要

アプリプッシュ通知はアプリを起動していなくても表示されるので、顧客に届きやすいチャネルである反面、メールやLINEなど他チャネルから同じ内容が送られてくることで、通知OFFやアプリ削除などの離反につながりがちです。
そのため、アプリプッシュ通知では顧客に合わせて最適なメッセージングをするためのクロスチャネル・マーケティングが不可欠です。
Synergy!なら複数チャネルから取得したデータをまとめて管理するので、データを活用した顧客に合わせたメッセージングが可能です。

メール、Web、LINEなど、複数チャネルへのリアクションに応じたアプリプッシュ通知

単一サービスで、顧客のデータを「統合管理」

Synergy!では、単一サービスで複数チャネルを使ったアプローチができるので、顧客属性情報やチャネルごとの行動履歴といったデータを掛け合わせ、対象を絞ってプッシュ通知を送ることができます。
単一サービスなので、データを連携する手間は必要ありません。

通知対象を絞り込むための豊富な条件

  • 顧客属性情報

    性別、居住地、生年月日など基本情報に加え、顧客ランクや購入ブランドなどの購買履歴

  • メールの開封/クリック

    配信したメールへのリアクションの情報

  • LINEメッセージのクリック(タップ)

    配信したLINEメッセージ内のURLのクリック(タップ)

  • Webサイトへのアクセス

    閲覧したページ、流入元のページ、パソコンやスマホといったデバイスなど

  • アプリの利用状況

    アプリプッシュ通知の開封、最後のアプリ起動からの経過日など

より詳しい情報が必要な方へ

Synergy!アプリプッシュ通知機能、資料イメージ

Synergy!の「アプリプッシュ通知」機能について

アプリプッシュ機能の特長、ユースケース、料金、仕組みと必要な設定をこちらの資料で確認いただけます。

資料ダウンロード